新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

新潟文化物語HOME>> 新潟文化物語ブログ(お知らせ)>> 鏡の中に違う形!?あなたの視覚は計算済み。「錯覚展」が開催中です。

鏡の中に違う形!?あなたの視覚は計算済み。「錯覚展」が開催中です。

  • 投稿日: 2017年1月27日

 実際とは違うように見えてしまう「錯視」を利用した作品の展示が南魚沼市の池田記念美術館で開催されています。

 これは明治大学の杉原厚吉特任教授による企画展で、「錯視」を利用した立体、平面作品計40点が展示されています。錯覚展

 右の写真のカメレオン、前と後ろで体の色が違って見えませんか?実は同じ色なんです。黄色の格子を通して見える部分は黄色がかって見え、青い格子を通して見える部分は青みがかって見えます。カメレオンが乗っている木の枝も同じ色ですが、同じように場所によって違って見えます。これは格子の色につられて色が違って見える錯視現象で、「色の同化」と言われているそうです。

 同展では、このような「錯視」を巧みに利用した、様々な作品を見ることができます。また、3月には八階山麓スキー場で、地元住民の方々と協力し、雪を使って巨大な「反重力滑り台」の制作もするとのこと。玉をころがすと、重力に逆らって坂を登っていくように見える驚きの滑り台です。

 ぜひみなさんも、この機会に「不可能立体の不条理世界」を体感してください!

■□■「錯覚展」■□■
■会  場:池田記念美術館(南魚沼市浦佐5493-3)
■開催期間:~平成29年3月27日(月)
      ※休館日 毎週水曜日
■開館時間:9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
■入 館 料:大人500円 高校生以下無料(企画展・常設展含む)  
■問 合 せ:同館(℡:025-780-4080)

 ★詳細は、こちらをご覧ください。↓ 
  http://www.ikedaart.jp/exhibition/sakkaku.html

新潟文化物語ブログ一覧へ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve