新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

新潟文化物語HOME>> 新潟文化物語ブログ(お知らせ)>> 新潟県立歴史博物館で冬季企画展「すてきな布-アンギン研究100年-」が開催中です!

新潟県立歴史博物館で冬季企画展「すてきな布-アンギン研究100年-」が開催中です!

  • 投稿日: 2017年2月17日

 長岡市の県立歴史博物館で天然の植物を利用した、まぼろしの布と言われる歴博アンギン「アンギン」についての企画展が開催されています。
 アンギンは植物から繊維を採取し編まれた布で、縄文時代の土器の底に残されていた編み目と同じ「もじり編み」で編まれており、縄文時代の人々の生活を研究する上でとても貴重な資料となっています。

 一度は消えかけた「アンギン」を民俗学者の小林存(ながろう)さんが半世紀かけ、昭和28年に津南町結東(けっとう)で発見しました。

 今回の企画展は、アンギン研究の歩みとともに、十日町市博物館や津南町歴史民俗資料館に収集されている国指定重要有形民俗文化財32点をはじめとするアンギンの魅力を紹介しています。

 また、アンギンづくり実演や天然の植物加工体験、アンギン製作の技術を伝承する「ならんごしの会」(津南町)や「越後アンギン伝承会」(十日町市)が製作した手作り商品の販売もあります。

 皆さんも、「まぼろしの布」から縄文時代の人々の暮らしに思いを巡らせてみませんか。ぜひお出かけください!

 アンギンについては、特集「file_107国宝・火焔型土器はアートか?~縄文文化を探る旅(後編)」でも紹介しています。併せてご覧ください。

■□■冬期企画展「すてきな布-アンギン研究100年-」■□■
■会  場:新潟県立歴史博物館(長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2)
■開催期間:~平成29年3月20日(月・祝)
      ※休館日 毎週月曜日(3月20日は開館)
■開館時間:9:30~17:00(観覧券発売は16:30まで)
■入 館 料:一般610円 高校大学生400円 中学生以下無料  
■問 合 せ:同館(℡:0258-47-6130)

 ★詳細は、こちらをご覧ください。↓ 
  新潟県立歴史博物館ホームページ http://nbz.or.jp/?p=13816

新潟文化物語ブログ一覧へ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve