文字サイズ

新潟県埋蔵文化財センター巡回展 「縄文の造形美-六反田南遺跡-」

2017.08.08

糸魚川の海辺から姿を現した六反田南遺跡。

縄文時代中期の土器は火炎土器とは異なる流麗な造形美にあふれ、かたい蛇紋岩で作られた石斧は力強さを放ちます。

文化庁主催「発掘された日本列島 新発見考古速報 2016」の主役として全国を縦断した六反田南遺跡の出土品が、ふるさと新潟を巡回します。