新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

地域文化データベース

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 地域文化データベース>>
  3. 蝋型鋳金(ろうがたちゅうきん)

カテゴリ3 蝋型鋳金(ろうがたちゅうきん)

  • カテゴリ

    芸術・芸能(工芸)     

  • エリア

    佐渡市  

イメージ1

鋳金とは、溶解した金属を鋳型に流し込み、鋳型が構成する空間どおりの形態を得る方法で、その鋳型原型を蝋で作るのが「蝋型鋳金」である。佐和田地区・沢根を中心に本間琢斎系・宮田藍堂系・真藤半五郎系に分かれて、技術が継承されてきた。なかでも藍堂系・佐々木象堂は、昭和35年に重要無形文化財蝋型鋳金技術保持者(人間国宝)に認定。佐渡歴史伝説館には、佐々木象堂記念館があり作品が展示されている。佐渡鋳金技術も、昭和53年に新潟県無形文化財工芸技術として指定された。蝋型鋳金は、佐渡を代表する伝統工芸である。

出典:
『佐渡百選』
提供元:佐渡市観光課
および佐渡観光協会

画像提供元:
佐渡観光協会

住所

佐渡市

  • 投稿者: 新潟文化物語管理者  
  • 掲載日時: 2015年04月18日 14時58分

地域文化データベース一覧へ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve