新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

地域文化データベース

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 地域文化データベース>>
  3. 無名異焼(むみょういやき)

カテゴリ3 カテゴリ5 無名異焼(むみょういやき)

  • カテゴリ

    芸術・芸能(工芸)   産業(伝統産業・地場産業)  

  • エリア

    佐渡市  

イメージ1

「無名異」とは、佐渡金鉱の石英岩欠裂箇所に沈殿する二酸化鉄のことで、古来は止血薬や中風の薬として用いられたという。この無名異と沢根産粘土による陶土で焼かれた陶器が「無名異焼」。製造工程で、生磨きや焼成後の砂研磨という特殊な作業がある。製品は非常に硬く、叩くと澄んだ音がし、使い込むほど光沢を増していく。無名異焼の歴史は、明治になって三浦常山・伊藤赤水らが佐渡金山から取れる無名異を使った焼き物に成功すると、美術工芸品を主とする流れが生まれた。やがて常山・赤水窯から、相川地区を中心に無名異焼の窯元が増え、佐渡の産業として海外まで名を知られるようになった。現在、相川地区には12の窯元と人間国宝「伊藤赤水」の窯元もあり、無名異焼の里として広く知られている。

出典:
『佐渡百選』
提供元:佐渡市観光課
および佐渡観光協会

画像提供元:
佐渡観光協会

住所

佐渡市

  • 投稿者: 新潟文化物語管理者  
  • 掲載日時: 2015年04月18日 15時08分

地域文化データベース一覧へ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve