新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

地域文化データベース

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 地域文化データベース>>
  3. 文弥人形

カテゴリ3 文弥人形

  • カテゴリ

    芸術・芸能(伝統芸能)   芸術・芸能(演芸・舞踊・演劇)  

  • エリア

    佐渡市  

イメージ1

明治3年(1870)に、小木地区の説経人形使い大崎屋松之助と佐和田地区・沢根の文弥語り伊藤常磐一が、協力してつくり出した人形芝居。哀調をあわせた古浄瑠璃にのって演じられ、典雅な趣があるが、人形は素朴な雰囲気。出し物は10曲ほどが伝承されている。

出典:
『佐渡百選』
提供元:佐渡市観光課
および佐渡観光協会

画像提供元:
新潟県写真家協会

住所

佐渡市

  • 投稿者: 新潟文化物語管理者  
  • 掲載日時: 2015年04月18日 16時08分

地域文化データベース一覧へ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve