新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

地域文化データベース

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 地域文化データベース>>
  3. 能楽(薪能)

カテゴリ3 能楽(薪能)

  • カテゴリ

    芸術・芸能(伝統芸能)     

  • エリア

    佐渡市  

イメージ1

佐渡は「鶯や十戸の村の能舞台」と詠まれたように、昔から能の盛んな土地。能の大成者・世阿弥が佐渡に配流されたことと、能楽師出身の佐渡初代奉行大久保長安が能楽を奨励したことが大きく影響している。初めは奉行所の役人達の教養としての能だったが、本間家が宝生座を開き、島内各地に門下生を得るようになると、次第に庶民へも広がっていった。佐渡には現在30以上もの能舞台があり、そのほとんどが神社に付属したものであることからも、能が神事芸能として発展してきたことが窺える。島内各地の神社祭礼として今でも薪能が奉納される。特に6月は薪能月間として5ヶ所で開催。両津・椎崎諏訪神社の薪能は、8月を除く5~10月の第1土曜。

出典:
『佐渡百選』
提供元:佐渡市観光課
および佐渡観光協会

画像提供元:
佐渡観光協会

住所

佐渡市

詳しくはこちら

http://www.visitsado.com/

  • 投稿者: 新潟文化物語管理者  
  • 掲載日時: 2015年04月18日 16時10分

地域文化データベース一覧へ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve