新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

地域文化データベース

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 地域文化データベース>>
  3. 薬師如来12神将・11躯

カテゴリ3 カテゴリ8 薬師如来12神将・11躯

  • カテゴリ

    芸術・芸能(工芸)   思想・政治(思想・信仰)  

  • エリア

    長岡市  

イメージ1

杉之森薬王廟の本尊「薬師如来」は、神亀3年(726)、行基菩薩北越巡錫の際の作と伝えられています。
薬師如来坐像は、ヒノキの寄木造りで身丈約1.5m。本尊の両側に安置されている12神将も神亀年間の作と伝えられています。
昭和47年に中之島村指定文化財となり、昭和58年から3年がかりで仏師・明珍によって大修理されました。
なお、寅年ごと(12年)に開扉される以外は、秘仏となっています。 平成11年、県指定文化財となりました。

出典:
『長岡市ホームページ』
提供元:長岡市大手通分室観光課

画像提供元:
長岡市大手通分室観光課

住所

長岡市杉之森345

アクセスマップ

  • 投稿者: 新潟文化物語管理者  
  • 掲載日時: 2015年04月13日 23時35分

地域文化データベース一覧へ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve