新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

地域文化データベース

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 地域文化データベース>>
  3. 明新館支館跡

カテゴリ2 明新館支館跡

  • カテゴリ

    史跡・建築物(史跡・遺跡)     

  • エリア

    長岡市  

文政元年(1818年)替え地により、長岡市七日市に上山藩の陣屋が置かれ、以降53年間に渡りこの地を治めた。
そして、慶応2年(1866年)には、学問の奨励のため「明新館支館」を建設し、領内の農民の子弟をも対象にした教育が始まった。
天保年間では、上山本領は極度の飢饉状態となり、七日市陣屋からの収納米により多くの人が救済された。
近年こうした歴史上のつながりから、山形県上山市と旧三島町との交流が行われるようになりました。

出典:
『長岡市ホームページ』
提供元:長岡市大手通分室観光課

住所

長岡市七日市2110-1

アクセスマップ

  • 投稿者: 新潟文化物語管理者  
  • 掲載日時: 2015年04月14日 22時29分

地域文化データベース一覧へ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve