新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

  • 文字サイズ
  • 標準

イベントカレンダー

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. イベントカレンダー>>
  3. 蕗谷虹児生誕120年記念 少女人気を二分した抒情画家 虹児と華宵

蕗谷虹児生誕120年記念 少女人気を二分した抒情画家 虹児と華宵

  • 開催日

    2017年12月15日(金)

  • 終了日

    2018年02月12日(月)

  • 会場

    にいがた文化の記憶・新潟市中央区万代3-1-1 新潟日報メディアシップ5階

  • カテゴリ

    展覧会

  • エリア

    新潟市  

※ このイベントは終了いたしました ※

2018年、生誕120周年を迎える新発田市出身の蕗谷虹児(ふきや・こうじ、1898~1979年)。虹児は1920(大正9)年から少女雑誌の挿絵や表紙を描き、絶大な人気を博しました。当時、虹児と少女人気を二分した画家が高畠華宵(たかばたけ・かしょう、1888~1966年、愛媛県宇和島市出身)です。少女たちは「華宵党」「虹児党」などと分かれて、彼らの描く抒情画に夢中になりました。大正末から昭和初期の雑誌や、挿絵原画などから当時の流行を振り返るとともに、現代の「かわいい」文化の源流として二人の抒情画家の画業を紹介します。

お問い合わせ先

住所:新潟市中央区万代3-1-1 メディアシップ5階
電話:025-250-7171
FAX:025-250-7040

詳しくはこちら

http://nmmc.jp/exb/2626

アクセスマップ

  • 投稿者: 公益財団法人 にいがた文化の記憶館  
  • 掲載日時: 2017年12月16日 15時07分

イベントカレンダー一覧へ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve