新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

イベントカレンダー

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. イベントカレンダー>>
  3. 富岡惣一郎 「越後の風景」

富岡惣一郎 「越後の風景」

  • 開催日

    2018年03月31日(土)

  • 終了日

    2018年07月17日(火)

  • 会場

    南魚沼市上薬師堂142 南魚沼市トミオカホワイト美術館

  • カテゴリ

    展覧会

  • エリア

    南魚沼市  

※ このイベントは終了いたしました ※

イメージ1イメージ2

新潟県上越市高田に生まれた富岡惣一郎は、自らを雪国人と称し、雪の美しさを表現できるのは、雪国で生まれた自分しかいないという想いが、「白の世界」を描くきっかけとなっています。
雪深い越後で育まれた豊かな感性と雪国に対する望郷の思いから生まれた作品は、雪国に暮らす人々にとっての心象風景・原風景であり、寒々しい雪景色の中に不思議と温かみを感じます。
純白の雪を描くために開発した白油絵具「トミオカホワイト」や平滑な画面を作り出すための特注ナイフ・キャンバスなどの描画道具、絵具を削り取りモチーフを表現する描画方法、ヘリコプターで上空から地上を見下ろしスケッチするなど、「白の世界」を描くために富岡は独自の表現方法を見出しました。
本展では、雪原を静かに流れる信濃川や阿賀野川、日本海の荒波、雪をまとう妙高山や八海山、夜空に咲く花火など、画家が生まれ育った越後の風景を中心に初期から晩年までの作品を展示いたします。

◆会期 3月31日(土)~7月17日(火)
◆時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
◆休館日 毎週水曜日(但し、5月2日(水)は開館)、7月7日(土)
◆観覧料 一般500円(400円)、 小・中・高校生250円(200円)
     ※( )内は団体20名様以上

同時開催 「池晶子 BORO チクチク展」
◆会期 4月26日(木)~5月22日(火)
野良着やおしめなどの古布に、太い糸でちくちくと刺した作品を展示。
主催:にいがた銀花 共催:(公財)南魚沼市文化スポーツ振興公社

お問い合わせ先

南魚沼市トミオカホワイト美術館 ☎025-775-3646

詳しくはこちら

http://www.6bun.jp/white/

アクセスマップ

  • 投稿者: 南魚沼市トミオカホワイト美術館  
  • 掲載日時: 2018年04月02日 11時16分

イベントカレンダー一覧へ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve