新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

イベントカレンダー

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. イベントカレンダー>>
  3. 伊藤健二油彩画展「南魚沼の四季」

伊藤健二油彩画展「南魚沼の四季」

  • 開催日

    2018年09月21日(金)

  • 終了日

    2018年11月19日(月)

  • 会場

    南魚沼市上薬師堂142 南魚沼市トミオカホワイト美術館

  • カテゴリ

    展覧会

  • エリア

    南魚沼市  

イメージ1イメージ2

伊藤健二(白日会・千葉県在住)が描く南魚沼の美しい風景をご覧ください。
◆会期 9月21日(金)~11月19日(月)※同時開催 富岡惣一郎「空と風の詩(うた)」
◆時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
◆休館日 毎週水曜日 ※但し、10月は無休
◆観覧料 一般500円(400円)、 小・中・高校生250円(200円)
     ※( )内は団体20名様以上
主催/(公財)南魚沼市文化スポーツ振興公社
後援/南魚沼市・南魚沼市教育委員会・八海醸造株式会社

ごあいさつ
 雪には馴染みの薄い千葉県育ちの私が、スケッチのため初めて越後湯沢の駅に降りたのは、十年前のゴールデンウィークの時でした。雪どけの水が棚田を潤し、背景の真白な山々を映し出す水鏡の世界が一面に広がっておりました。
 3、4年の間、「雪どけの頃」「田植えの頃」をテーマに制作しておりましたが、水田に映る白い山々そのものに主題が移り、その後は「雪景色」に没頭し、真夏でもホワイトの絵の具を練っておりました。その間、所属する会や個展で、白ばかりの絵を披露し、「雪山」「八海山」の画家として定着してまいりました。
 このたび、縁あって美術館にて、「南魚沼の四季」として作品を展開させていただける幸せと、富岡先生の作品とのコラボができる嬉しさを、深く感じている次第でございます。
 皆様の忌憚のないご講評を賜れれば幸いです。
伊藤健二
●略歴
1939年   千葉県生まれ
1992年   深澤孝哉氏(現白日会副会長)に師事
       白日会展に初出展以後毎年出展
1996年   千葉県展に初出展(以後10回出展)
1997年   四街道市美術協会入会(以後毎年出展)
2005年   千葉銀カレンダーに採用
2007年   日展初入選
1998年以降 成田国際空港、千葉銀行、商工中金千葉支店のギャラリー、京橋クボタ画廊、ギャラリー空、米屋ギャラリー等で個展を開催。 グループ漠入会、清流展や蒼蒼展に出展


お問い合わせ先

南魚沼市トミオカホワイト美術館 ☎025-775-3646

詳しくはこちら

http://www.6bun.jp/white/

アクセスマップ

  • 投稿者: 南魚沼市トミオカホワイト美術館  
  • 掲載日時: 2018年07月23日 09時31分

イベントカレンダー一覧へ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve