新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

  • 文字サイズ
  • 標準

イベントカレンダー

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. イベントカレンダー>>
  3. 企画展示「マンガとはナンダ―児童マンガの世界から」

企画展示「マンガとはナンダ―児童マンガの世界から」

  • 開催日

    2019年04月02日(火)

  • 終了日

    2019年05月26日(日)

  • 会場

    にいがた文化の記憶館 (新潟市中央区万代3-1-1 新潟日報メディアシップ5F)

  • カテゴリ

    展覧会

  • エリア

    新潟市  

※ このイベントは終了いたしました ※

第34回 国民文化祭・にいがた2019 第19回 全国障害者芸術・文化祭にいがた大会 応援事業

 マンガとアニメはいまや、クール・ジャパンの日本を代表する情報産業の一つになっています。戦前・戦後に子どものものだったマンガは、雑誌の隆盛とその後の映画やテレビの映像技術の発展により、子供だけのものではなくなりました。大人向けの恋愛ものや、内外の歴史や時事問題を背景においた作品、さらには日本経済を解説する“学術的“分野まで拡張しております。
 本展では、平安期の鳥羽僧正作とされる《鳥獣人物戯画》から江戸期の北斎漫画、そして太平洋戦争前後の田川水泡の『のらくろ』、さらに昭和期の手塚治虫の『鉄腕アトム』というマンガの歴史を概観し、この潮流のなかに新潟県ゆかりのマンガ家が活躍しており、その代表者として寺田ヒロオ、赤塚不二夫らの作家とその作品を紹介します。

主  催 / にいがた文化の記憶館、新潟日報社
共  催 / 新潟日報美術振興財団、NST、BSN新潟放送
協力企業 / 田村紙商事株式会社
協  力 / 新潟市マンガ・アニメ情報館、新潟市マンガの家、
      にいがたマンガ大賞実行委員会、寺田ヒロオ研究会、
      新潟市潟東歴史民俗資料館、新潟市立中央図書館、
      新潟県立新潟中央高等学校、新潟県立新発田高等学校同窓会、
      新潟市歴史博物館、新潟市美術館、新潟かみしばいクラブ

■ 紹介している新潟のマンガ家
 寺田ヒロオ、赤塚不二夫、聖悠紀、魔夜峰央、小林まこと、近藤ようこ、
 高野文子、安田弘之、小川悦司など

お問い合わせ先

にいがた文化の記憶館
〒950-0088 新潟市中央区万代3-1-1 新潟日報メディアシップ5階
TEL : 025-250-7171  FAX : 025-250-7040
MAIL : kiokukan@honey.ocn.ne.jp

詳しくはこちら

http://nmmc.jp/exb/3278

アクセスマップ

  • 投稿者: 公益財団法人 にいがた文化の記憶館  
  • 掲載日時: 2019年04月14日 11時05分

イベントカレンダー一覧へ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve