新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

イベントカレンダー

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. イベントカレンダー>>
  3. 企画展示「佐渡を訪れた文化人―山本家コレクションより」会期延長のお知らせ

企画展示「佐渡を訪れた文化人―山本家コレクションより」会期延長のお知らせ

  • 開催日

    2020年04月03日(金)

  • 終了日

    2020年08月02日(日)

  • 会場

    新潟市中央区万代3-1-1新潟日報メディアシップ5階 にいがた文化の記憶館

  • カテゴリ

    展覧会

  • エリア

    新潟市  

 明治時代に武家政権から天皇親政になると、真野村(現佐渡市真野)の順徳天皇火葬塚(真野御陵)が脚光を浴び、参拝のために佐渡を訪れる人が多くなりました。渡島文化人の多くは真野御陵の管理保全に重要な任を担う山本家の丁寧な案内を受け、短歌や俳句を作り、山本家でそれを書き残しました。佐渡の風土や人情を愛した文化人の多くは佐渡を複数回訪れています。
 本展では、山本家所蔵の膨大な資料の中から、明治以降に佐渡を訪れた文化人を中心に紹介します。佐渡を舞台とした文化人たちの心をお楽しみください。
 佐渡の人々は、海を渡って訪れた文化人を温かく迎えました。そして、新しい文化や思想をもたらす彼らを慕い、後に島内ゆかりの地に文学碑を建てました。その写真を併せて展示し、交流の深さも紹介します。

主な紹介文化人(生年順)
 尾崎紅葉、巌谷小波、河東碧梧桐、高浜虚子、津田青楓、會津八一、相馬御風、荻原井泉水、釈迢空、青野季吉、山口誓子、富川潤一、司馬遼太郎

主催:にいがた文化の記憶館、公益財団法人新潟県文化振興財団、新潟日報社
共催:新潟日報美術振興財団、NST、BSN新潟放送
後援:新潟県
協力企業:田村紙商事株式会社
協力:故 吉沢久子氏
展示協力:山本修巳氏(新潟県文化財保護連盟理事、元佐渡市文化財保護審議会会長、地域誌『佐渡郷土文化』主催、佐渡良寛会会長、佐渡俳句協会会長)

お問い合わせ先

にいがた文化の記憶館
〒950-0088新潟市中央区万代3-1-1新潟日報メディアシップ5階
TEL025-250-7171 FAX025-250-7040

詳しくはこちら

http://nmmc.jp/exb/3564

アクセスマップ

  • 投稿者: 公益財団法人 にいがた文化の記憶館  
  • 掲載日時: 2020年06月04日 14時53分

イベントカレンダー一覧へ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve