新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

イベントカレンダー

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. イベントカレンダー>>
  3. アーツカウンシル新潟 語りの場Vol.21「地方におけるアート活動の事業化を考える -Studio Kura・糸島芸農の運営事例を通して-」

アーツカウンシル新潟 語りの場Vol.21「地方におけるアート活動の事業化を考える -Studio Kura・糸島芸農の運営事例を通して-」

  • 開催日

    2020年12月05日(土)

  • 終了日

    2020年12月05日(土)

  • 会場

    オンライン会議システムzoomでの開催(アーツカウンシル新潟:新潟市中央区西堀前通六番町894番地1 西堀六番館ビル5F会議室での視聴も可)

  • カテゴリ

    講演

  • エリア

    新潟市  

イメージ1

各地で行われているアート活動・プロジェクトは、アーティストの作品発表の機会や地域への観光誘客に繋がる一方で、不確定な事業費や関係者の固定化等の課題を抱えがちです。一過性のイベントとしてではなく、アーティストと地域のwin-winな関係を継続・発展させていくことはできないのでしょうか。

今回の語りの場では、麦畑が広がる福岡県糸島市を拠点にアートカンパニー(株)Studio Kuraを設立・運営する松崎宏史さんから、Studio Kuraでの美術企画・美術教育事業や、農家の方をはじめとする地域の方々と協働した自主自立の芸術祭、「糸島芸農」の取り組み等についてお話しいただきます。また、新潟市の農村部を拠点に様々なプロジェクトを仕掛けるArt unit OBI(合同会社OBI)の建築家、本間智美さんを交えた対談を通して、地方でのアート活動の続け方とその事業化について考えます。

日 時 2020年12月5日(土) 10:00~11:30
会 場 zoom(オンライン会議システム)でご入室いただけます。
※オンラインでの視聴ができない方は、 アーツカウンシル新潟にてご視聴いただけます (先着5 名)。
参加費 無料
講 師 松崎 宏史((株)Studio Kura代表、糸島芸術祭「糸島芸農」実行委員長)
対談ゲスト 本間 智美(Art unit OBI(合同会社OBI) 建築家)

お申し込み方法
参加ご希望の方は氏名・電話番号・メールアドレスを記載の上、FAXかメールでお申込みください。
アーツカウンシル新潟で中継をご覧になりたい方は、その旨お書きください。
なお、お申込みの際には「12/5語りの場 参加希望」と明記してください。

FAX:025-378-4663
メール:artscouncil@niigata.email.ne.jp 
※前日までに、お知らせいただいたアドレスにzoomの入室のアドレスをお送りします。

主催 アーツカウンシル新潟

お問い合わせ先

お問い合わせ TEL:025-378-4690(アーツカウンシル新潟)
受付時間:平日 午前9時00分~午後5時15分

詳しくはこちら

https://artscouncil-niigata.jp/3894/

アクセスマップ

  • 投稿者: 公益財団法人新潟市芸術文化振興財団 アーツカウンシル新潟  
  • 掲載日時: 2020年11月16日 16時49分

イベントカレンダー一覧へ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve