新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

イベントカレンダー

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. イベントカレンダー>>
  3. 平野壮弦 書芸展 ― 書芸家への軌跡 ―

平野壮弦 書芸展 ― 書芸家への軌跡 ―

  • 開催日

    2021年08月06日(金)

  • 終了日

    2021年09月26日(日)

  • 会場

    星と森の詩美術館

  • カテゴリ

    展覧会

  • エリア

    十日町市  

イメージ1イメージ2

「書芸家とは、芸術としての書を志す者、すなわち『書芸術を通して宇宙の真理を探り表す者』の意である。」(『故郷~魂のふるさとへの回帰 書芸家 壮弦ものがたり』より)
こう語る平野壮弦(1961-)は、30歳で既存の書壇を離れ、書芸家を志しました。10代から20代にかけて様々な師の恩恵を受け、また多くの先達との繋がりの積み重ねが、自身の進むべき方向への後押しとなったようです。

活動の場を東京にも広げ、広告デザインの分野をはじめ講演やアートパフォーマンス、なかでも和紙ドレスへの揮毫や着物生地への染め書きなど、書芸の可能性と人々を繋げる活動にも力を注ぎました。そして、世界的な書芸家として踏み出すきっかけとなったのが、2002年開催日韓ワールドカップの公式エンブレム並びに公式ポスターの筆書バージョンを手掛けたことであり、その後のグローバルな活躍に続いています。

現在でも、新潟県内を中心に中学校での講演、書芸パフォーマンスやワークショップも積極的に行い、書に親しみ楽しむ活動を世界中に発信し、さらなる繋がりを拡げています。

「書芸の本質は生きた線にあり、伝統に学びつつも、人マネではない、自分自身の線、カタチ、色をもって、独自の世界を表していくことを最も重視している。」(前掲書より)と語り、文字にこだわることなく、生命力のある線 ― 生(き)の線 ― を表す、格闘の30年の軌跡をぜひご高覧ください。

【 平野壮弦ギャラリートーク開催のご案内 】
 ①8月7日(土)14:00~  ②9月5日(日)10:30~
 ※いずれもご予約と入館料が必要です

 [ 予約受付・お問合せ ]
 星と森の詩美術館  電話 025-752-7202
 ※定員になり次第、予約受付を終了いたします

お問い合わせ先

星と森の詩美術館

詳しくはこちら

http://www.hoshi-uta-m.jp

アクセスマップ

  • 投稿者: 星と森の詩美術館  
  • 掲載日時: 2021年07月24日 15時17分

イベントカレンダー一覧へ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve