用語集
どんびこ
鮭の心臓のことです。村上では甘辛く煮たり、串焼きにして食べたりします。一匹に一つしかない心臓を独立した料理にしてしまうということは、どの家でもかなりまとまった量の鮭を入手して調理していたということ。村上には数多くの鮭料理があり、頭の軟骨は「氷頭」、エラはカゲと呼んで調理法があります。村上人の手にかかると、鮭は捨てるところが全くないそうで、鮭を見ると猫ががっかりするといわれます。

閉じる