新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file16 「直江兼続の謎 その1~御館の乱の分岐点~」~謙信の後継者

file16 「直江兼続の謎 その1~御館の乱の分岐点~」~謙信の後継者



謙信の後継者

越後を統一し能登と信濃の一部まで領土を拡大した上杉謙信は、織田信長との対決を控えたまま春日山城で亡くなります。
これは越後の大騒乱と他国の侵入の始まりでした。

 ― 景虎か、それとも景勝か


景勝の父長尾政景の居城跡

景勝の父長尾政景の居城跡
南魚沼市、旧六日町を見下ろす坂戸城は標高634メートルの頂上付近に本丸があり、魚野川に守られた天然の要害。群馬県との境界近くにあり、県内有数の豪雪地だ。

 

 1578年3月に春日山城で倒れた謙信は、4日間昏睡(こんすい)したまま49歳で亡くなりました。死因は脳卒中でした。実子がなく、何人かの養子をとっていた謙信が後継者を指名しないまま亡くなったことで越後に衝撃が走ります。この当時の上杉家の支配地域は、現在の新潟県、富山県のほぼ全域と石川県の能登半島、長野県北部、群馬県、埼玉県の一部に及び、織田信長、武田勝頼と敵対していました。戦国時代においては、主の死は敵につけ入るすきを与え、国を滅ぼしかねない出来事です。

 謙信の後継者は、他家を継いでおらず春日山に居を構えていた二人の養子に絞られていました。一人は坂戸城主長尾政景(ながおまさかげ)の息子で謙信の甥でもある景勝。もう一人は北条家から養子となった景虎。景虎は景勝の妹を妻に迎えており、両者は義理の兄弟の関係にありました。

 この頃の直江兼続は、まだ当時樋口与六という名でした。景勝について春日山城に入った上田衆と呼ばれる直属の家臣団の一人で、上田荘(南魚沼市)で生まれ育ったことは確かなようですが、どのような幼少期を過ごし、春日山城でどのような役割を担ったかなどについては全く史料が残っていません。

 米沢藩時代にまとめられた「上杉家御年譜」には、「御家督は景勝公御相続の旨 御病中にいよいよ御遺言なり」と書かれていますが、これは景勝が上杉家を相続したのち自らの都合の良いように解釈されたものに過ぎません。景虎の実家である北条家の記録には、景虎が後継者であったと記述されています。謙信の葬儀が終わると両者の間で家臣同士の小競り合いが始まっていることから、謙信は何ら遺言めいたものは残していなかったと考えられています。



 いずれかを謙信の後継者とみる根拠


景勝
・ 上杉家家中でも有力な上田長尾家の後継者で、母親が謙信の姉
・ 謙信の官名である弾正少弼(だんじょうしょうひつ)をもらっている

景虎
・ 謙信の名であった景虎をもらっている
・ 家臣に課される軍役(戦の際に出す兵士や馬。景勝には課されていた)を課されていない

 上越市史では、春日山での住まいが景虎の方が謙信の住まいに近かったこと、軍役が課されていないこと、謙信が関東で越年する際に景虎を呼び寄せたりしていたことなどから、謙信は景虎を後継者と考えていたという見方をしています。ただし、その根拠となっている現存している軍役帳が、たまたま景虎が出陣しない戦に際して作成されたものであるという見方もあり、決定的とはいいきれないのが実情です。研究者の間では、大別すると「どちらに相続させるか謙信は決めていなかった」と「景虎に相続させるつもりだった」の二つの見方に割れており、結論は出ていません。

謙信・景勝の勢力範囲
は上杉謙信晩年の勢力範囲。一時は小田原城を包囲し関東一円を勢力範囲に置いたが、
晩年は北陸方面に転じて越中、能登を支配していた。
は上洛直前の上杉景勝の勢力範囲。能登、越中は織田軍に攻略されて失った。
長野県北部は武田勝頼が徳川家康に攻められた際の争奪戦で得た領土。
県内では新発田重家が反乱を起こしていた。上洛後にようやく平定し、佐渡も支配下に置いた。

 


投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve