新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-17 直江兼続の謎 その2 ~上杉家の関ヶ原~ 兼続上洛

file-17 直江兼続の謎 その2 ~上杉家の関ヶ原~ 兼続上洛


>~上杉家の関ヶ原~ 兼続上洛<


 上杉謙信を継いだ上杉景勝と、最後まで離れることなく寄り添った直江兼続。この二人には、いまもって分からない謎が横たわっています。どう解釈するかで二人の人物像が大きく変わってしまうほどの謎です。それゆえ今も、二人の生き方が魅力を失わないのかもしれません。
 

 ― 120万石で会津へ


 名門直江家を相続した兼続は、主君上杉景勝の取り次ぎ役として活躍し、同じく取り次ぎ役の側近狩野秀治が天正12(1584)年に亡くなると、唯一無二の側近となって上杉家を切り盛りするようになります。当時24歳でした。

 越後を併呑(へいどん)しかかった織田信長が本能寺の変で亡くなり、この前年の賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いで豊臣秀吉が覇権を握ると天正14(1586)年、景勝は秀吉の求めに応じて上洛を果たしました。これは上杉家の、秀吉への従属を意味していましたが、同時に上杉家の存続を図る手段であり、景勝と兼続の天下の政治への参画へのきっかけでもありました。兼続は同い年の石田三成や千利休、西笑承兌(さいしょうじょうだい)ら一流の文化人と交流を深めます。

 慶長3(1598)年、上杉家は会津へ移封となり、会津、出羽、佐渡を合わせて120万石の大大名となります。当時豊臣、徳川、毛利に次ぐ全国で4番目の石高です。この時兼続は米沢城を預かります。しかし、この年に豊臣秀吉が亡くなると中央政界の状況は混沌とします。秀吉の遺子秀頼を推す石田三成と、覇権を狙う徳川家康との対立が深まり、一触即発の事態となりました。



投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve