新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-24 奉納煙火というまつり …花火貯金のある町

file-24 奉納煙火というまつり …花火貯金のある町



花火貯金のある町

四尺玉

浅原神社裏手の丘から打ち上げられた4尺玉。その大きさも圧倒されますが、山で上がるため「樹木にこだまする音が他では味わえない」と太刀川さん。


片貝花火打ち上げ台

片貝の花火で実際に使用される打ち上げ台。これが土に埋められて固定される。

 小千谷市片貝町。江戸時代は街道沿いの職人町として栄えていました。町のほぼ中心にある浅原神社は町の総鎮守で、毎年9月9日、10日が秋季例大祭。花火大会の多くは海辺や湖畔、河川敷で行われるケースが多いのですが、片貝の花火はこの神社の裏にある丘陵地で上がります。

 花火打ち上げの前には、個人に関わりのあるアナウンスが入るのがここの特長。たとえば「天国のお父さんありがとう」「後厄御礼」「小学校入学おめでとう」など、そして奉納する人の名前を読み上げてから打ち上げられます。他の花火大会で見られるように企業が提供する花火もありますが、片貝は個人がお金を出し、祈りを込めて花火を上げるのです。

 「町の人が花火に使う金?生涯で200万円ともいわれるが…」と話すのは片貝町花火協会の太刀川忠雄会長。もちろん統計を取ったことはなく、花火を上げない人もいればそれ以上に上げる人もいるので、あくまで地元の感覚的な数字とのこと。「まつりが終わると次に向けて貯金を始めるんだ」と太刀川さんは言います。

 個人で何かを祈願して上げる花火はおおむね尺玉(玉の直径およそ30センチメートル・開いた花火の直径およそ250メートル)。連発して上がる大型のスターマインは、片貝中学校の同級生で結成された「会」が上げます。片貝中学校では卒業時、卒業年度ごとに「飛翔会(ひしょうかい)」「一進会(いっしんかい)」などと必ず名を付け、会の名前で花火を上げるそうです。花火を上げるとなれば、多くの同窓生はまつりに合わせて帰省し、ともにまつりに参加します。

 太刀川さんは「片貝の、何よりも自慢なのはまつりに合わせて友が集まることだ。遠方に嫁いで子どもがいれば普通は帰省できるものでない。だけど片貝の花火には帰ってくる。同級生と、家族がみんな集まれる。そういう特別なものなんだ」と話します。ちなみに太刀川さんは昭和33年度卒業の「朗志会(ろうしかい)」。4尺玉(玉の直径およそ120センチメートル、開いた花火の直径およそ800メートル)を初めて上げたスポンサーなのだそうです。

浅原神社境内 椰子
浅原神社境内。まつりの日には花火見物の桟敷席、町の通りには露天が並ぶ。「神社と露店と花火。この3つが揃うまつりって、実は案外少ないんです。この情緒を喜んでくれる人は多いです」と太刀川さんは言う。 花火には名前があります。これは「椰子」。花火の玉が割れる威力を調節し、風にそよぐ椰子の葉のようにゆったりと星(玉の中に入れた火薬)が落ちてくるように作ります。


次ページ → 花火の歴史

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve