新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-28 川がつくった新潟 -その3 「江戸時代の限界」

file-28 川がつくった新潟 -その3 「江戸時代の限界」


「江戸時代の限界」


 越後平野の平地は低く海岸線は砂丘にさえぎられている地形のため、信濃川などの氾濫によりあふれ出た水はなかなか引かず、やがて潟や沼が形成されていきました。

江戸末期の越後平野の潟と川
(大河津分水双書第5 巻より引用・加筆)

 江戸時代になると松ヶ崎堀割(川がつくった新潟2 参照)や内野新川開削(三潟悪水抜堀割)により田畑の水はけは改善され、当時の塩津潟や田潟、大潟などが代表とされるように、かつて潟や沼だった場所は干拓され各地で新田開発も盛んに行われたため、江戸初期から幕末までの間に、越後の石高(米の収量)は3倍近くに伸びました。

 しかし、越後平野の低い地形により時代とともに増加する人口が氾濫原へ進出したことや、元来潟が持っていた川の遊水池としての機能が干拓によりその機能が失われたこともあり、水害は絶えることがありませんでした。現在の燕市、三条市、新潟市などの信濃川下流域において、江戸時代を通じて残っている記録によると、堤防が切れた箇所は約80箇所と言われており、平均すると3 年に一度は堤防が切れていたことになります。

 享保年間(1716-1735)には寺泊(現長岡市)の本間屋数右衛門が新田開発を目的とし大河津分水建設を幕府に請願しました。これは、信濃川が最も日本海に近づく現在の燕市大川津から長岡市野積の間に分水路を開削し、上流から流れてくる洪水は分水路を通じて日本海へ流し、信濃川下流域には農業や生活に必要な水量だけを流すというもので、現在の大河津分水と同じ機能を持つものでした。

 しかし、分水路の開削には高さ約100メートルの山地部を掘削しなければならず技術的に極めて困難で、莫大な費用が必要であることなどから、幕府は大河津分水建設を許可しませんでした。その後も、多くの人々によって大河津分水建設が請願されましたが、同様の理由により許可されることはありませんでした。


江戸時代の小藩割拠

江戸時代の小藩割拠
(西蒲原土地改良史より作成)

 また、技術的な限界と同時に、政治的な限界も存在していました。当時の越後は小さな藩に別れ、天領や国外の藩の飛び地が散在していました。それぞれの管理のもとに上流や対岸で行われた工事が別の藩に被害をもたらしたり、上流の藩と下流の藩の利害が対立して必要な工事ができなかったりしていたのです。新発田藩の学者小泉蒼軒(1797-1873)は「蒲原郡水害の記」で次のように指摘しています。

(以下引用)

諸領々々多く入交じり、おのれおのれが勝手ばかりをなさんとするから実談にはいたらで、はては只才あるものにあざむかれ、いきほいあるものにおしつけられて事を決め、水道の実理にかなえるものまれなれば、多少こそあれ年々に水害はのがれがたきなり。をしむべし。


 つまり、越後平野の水害は人災であるという指摘です。


次ページ → 横田切れの悲劇と大論争

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve