新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-30 新潟淡麗~新潟清酒がおいしい理由~ 「新潟清酒」のあけぼの

file-30 新潟淡麗~新潟清酒がおいしい理由~ 「新潟清酒」のあけぼの


「新潟清酒」のあけぼの<


渡邊場長

他県にも醸造の研究施設はあるが「食品とか、他の部門と一緒なんですね。新潟は酒単体で、そのためだけに動けるかどうかというのは、大きな違いだと思います」と話す渡邊場長。

 「新潟は、他県の酒造業界からうらやましがられる存在」と県醸造試験場渡邊場長。新潟には良質な水と米、酒造りに適した環境があるから良い酒ができるといわれますが、他県の酒造場がうらやむのは、そうしたことばかりではありません。本来ライバル同士でもあるそれぞれの酒造場が、品質向上に向けて一丸となって行動できること、経営者のみならず、社員同士が活発な情報交換を行っていること。そうした素地があるからこそ、毎年3月に組合加盟の酒蔵が一堂に集まる「にいがた酒の陣」という大イベントや、日頃の仕事の工夫や研究成果を互いに公開して品質向上に役立てるような取組ができるのです。そのことを、県外の酒造場はうらやむのだといいます。

 こうした環境を作り上げたきっかけは1930(昭和5)年の県醸造試験場設立までさかのぼります。酒造りは今とは異なり自然任せの部分も多く、もろみに雑菌が入り発酵が停滞する「腐造」が問題になっていました。全国的には江戸時代に盛んとなった酒造業においては、当時から灘(兵庫)、伏見(京都)が常に突出した存在でした。明治、大正の時代、酒造先進地で醸造技術の研究機関が設立されるのを見て、県内の酒造場は、県知事に研究機関の必要性を県に訴える意見書を提出します。1924(大正13)年には県議会で醸造試験場の設立が決議されたものの、その資金は不足していました。そこで、建設費を酒造組合が負担して設立にこぎ着けます。

 新潟の酒造業界にとって、醸造試験場は品質と酒造技術向上という共通の目的を掲げ、自ら設立に寄与した拠り所です。それがライバルであるはずの各酒造場を結びつける場となりました。

 現在、酒造りのみを研究対象とする県立の単独機関としては、新潟県醸造試験場は国内唯一となっています。



次ページ → 酒づくりは人づくり

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve