新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-31 石川雲蝶が歩いた道 県立図書館おすすめ関連書籍

file-31 石川雲蝶が歩いた道 県立図書館おすすめ関連書籍

県立図書館おすすめ『石川雲蝶が歩いた道』関連書籍

 こちらでご紹介した作品は、新潟県立図書館で読むことができます。貸し出しも可能です。
また、特集記事内でご紹介している本も所蔵していますので、ぜひ県立図書館へ足をお運びください。

ご不明の点がありましたら、こちらへお問い合わせください。
(025)284-6001(代表)
(025)284-6824(貸出延長・調査相談)
新潟県立図書館 http://www.pref-lib.niigata.niigata.jp/


▷『越後の名匠 石川雲蝶』

(木原尚/写真と文 新潟日報事業社 1993 N713-I76)
 カラー写真が豊富で雲蝶作品の精巧さが一目瞭然。一般公開していない寺院や個人所有の作品など、なかなかお目にかかれない作品も掲載されています。県内各地に残る雲蝶作品を一覧できるガイドブックです。


▷『針倉山 永林禅寺と石川雲蝶略史』

(永林寺 1984 N188-N39)
 表紙に「作州松平家菩提処 幕末の名匠石川雲蝶の寺」とあるとおり、雲蝶の代表作といえば永林寺の作品群でしょう。本書には、「小夜の中山蛇身鳥」物語など作品のもととなった伝説なども紹介されており、参拝前に読んでおきたい一冊です。


▷『魚沼の先覚者 歴史を拓いた人びと』

(磯部定治/著 恒文社 1994 N281.4-I85)
 本書では、越後魚沼地方で厳しい自然環境のなか懸命に生きた人物6名を「先覚者」として紹介しています。雲蝶の章は、アーティスト雲蝶のおもしろエピソードが満載です。


▷『見仏記 親孝行篇』

(いとうせいこう,みうらじゅん/著 角川書店 2003 915.6-I89)
 仏像好きの二人が繰りひろげる「見仏ツアー」第4弾。新潟の旅では、みうら氏のお母さんのルーツを探して新発田→村上→新発田→吉田と珍道中を繰りひろげ、なぜか即身仏をめぐる破目に…。締めに浦佐で雲蝶作品を拝観。「不思議な新潟」の魅力がいっぱいです。  


▷『越佐の文化財(たからもの) 二十一世紀への遺産』

(新潟日報社/編 新潟日報事業社 2000 709-N72)
 本書は、『新潟日報』連載の「越佐の文化財」の中から106件を精選しまとめたもの。神社・仏閣や彫刻・仏像のほかにも、県内の天然記念物や重要無形文化財が紹介されています。新潟の新たな魅力に気づくことができるかもしれません。



 

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve