新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-34 木喰仏は地域の宝 ~手で触れられるという身近さ-太郎丸の木喰仏さん

file-34 木喰仏は地域の宝 ~手で触れられるという身近さ -太郎丸の木喰仏さん


~手で触れられるという身近さ-太郎丸の木喰仏さん<


高橋実さん

「高橋実さん」
高橋さんの書斎にて、沢山の木喰仏の資料を拝見しながら、お話をお聞きしました。

 江戸時代末期の遊行僧(ゆぎょうそう)・木喰上人(もくじきしょうにん) は、人々を苦しみから救うために、全国を巡り、千体以上とも言われる仏像を彫りました。その仏像は、木喰仏(もくじきぶつ)と称され、優しい微笑みから「微笑仏(みしょうぶつ)」とも呼ばれています。全国で現存する約620体のうち約260体が新潟県内で確認されています。

全国木喰研究会事務局長の高橋実(たかはし みのる)さんは長岡市小国町在住。木喰仏の宝庫、新潟から木喰仏研究の発信をしている高橋さんに、木喰仏と関わることになったきっかけ、その魅力について、ご自宅でお話をうかがってきました。

太郎丸の木喰さん

「真福寺の仁王門」

「真福寺の仁王門」
本堂に向かう石段を登ると現れる仁王門。この門の両脇に立つ阿吽の像が参拝者を迎えてくれます。


仁王尊立像吽形

「仁王尊立像吽形」
1体が560kg以上、高さは2.44m。
けやきの堅木製。

 高橋さんが住んでいる小国町の太郎丸という地区に、木喰仏のある寺として有名な真福寺(しんぷくじ)があります。子供のころから木喰仏と身近に接してきたことが、今の高橋さんの木喰仏との関わりの基本となっているようです。

 「やっぱり、『太郎丸の木喰さん』ですね。太郎丸の真福寺(しんぷくじ)には、一本の欅(けやき)から2体の像が作られたと伝えられている仁王尊(におうそん)の阿形(あぎょう)、吽形(うんぎょう)の一対のほか、梨の立木に彫ったとされる梨木観音仏像と金毘羅像の計4体があります。木喰仏は、3メートルを超える巨像から、10センチにも満たない小像まで大きさはさまざまです。

 しかし、総じて平均50センチ程度ですから、真福寺の仁王尊は、数少ない2メートルを超える巨像で、それは迫力満点です。私が通っていた結城野小学校(すでに廃校)が真福寺に近く、仁王尊は、授業で写生したり、寺で団子撒きがあると行って見ていましたので、子どものころから身近な存在でしたし、親しみもありましたね。」


木喰仏はとなりのおじいちゃんみたいなもの

仁王尊立像阿形

「仁王尊立像阿形」
圧倒的な重量感と躍動的な表情が印象的な傑作。

 高橋さんにとって、やはり木喰仏の魅力と言えば、その親しみやすさ。仏像と言えば、一般的には手で簡単に触れることのできないものですが、木喰仏は違う、と高橋さん。

 「長岡市上前島にある金毘羅堂(こんぴらどう)のものは、顔が擦り減ったり、背銘(はいめい)が消えてしまったものがあるんです。子どもたちが、川で水遊びに使ったり、そりにして雪遊びをしたためだと言われていますね。このような言い伝えが、他のところでも多くあります。」

 木喰仏には、「囲炉裏端に座っているとなりのおじいちゃん」みたいな親しみやすさがあり、それが多くの人に愛される最大の理由ではないか、と高橋さんは考えます。

 高橋さんが事務局長を務める全国木喰仏研究会は、平成4(1992)年創立の新潟県木喰仏研究会がもとになっています。新潟県は木喰仏の宝庫だったため、研究や保存活動をする人が多かったためか、全国にさきがけ、木喰仏研究会が作られました。それが全国木喰仏研究会になったのは、平成14(2002)年。当時、全国的な研究会組織は他になく、県外の会員が多かったので、新潟県木喰仏研究会を全国木喰仏研究会にしたのだそうです。現在、年1回、発行している機関誌「微笑仏」は17号になりました。元長岡市中央図書館長であった、現顧問の大久保憲次(おおくぼ けんじ)さんが中心になって編集しています。子供のころから木喰仏に親しんできた高橋さんも、あとから入会してお手伝いすることになり、現在に至っているのだそうです。



<マメ知識>

「木食(喰)」とは?
五穀(米、麦、あわ、ひえ、きび)を断ち、煮炊きしないものを常食とする修行を木食戒といい、一定の期間この行を努めた者に授けられる称名。


次ページ → 我がまちの宝に誇り-震災を乗り越え、地域の絆を育む十王堂の木喰仏

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve