新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-54 新潟で楽しむアートイベント:前編~アートで面白く! 元気になる! 「大地の芸術祭」

file-54 新潟で楽しむアートイベント:前編~アートで面白く! 元気になる! 「大地の芸術祭」

  

アートで面白く! 元気になる! 「大地の芸術祭」

自然の中で、人と出会う喜び

  十日町市松代

棚田に溶け込むアート作品(十日町市松代)
作家名:イリヤ&エミリア・カバコフ
作品名:棚田

 今年で5回目の「大地の芸術祭」が7月29日(日)~9月17日(月・祝)まで開幕される。44の国と地域から318組のアーティストが参加。約360の作品が点在し、越後妻有全体が美術館になる芸術祭だ。これまでも大地の芸術祭が取り上げてきたのは、昔からこの土地にあるものだった。例えば、廃校や空家を使った作品、地元のお母さんたちが作る郷土料理、棚田に置かれる作品。そして、過疎高齢化で担い手を失いつつある棚田の里親になり農作業体験ができる「まつだい棚田バンク」などのプログラムを実施してきた。回を重ねるごとに来場者数も増え、国内外から評価を得てきた。アートで地域の魅力を再発見し、発信すると、それを楽しもうと人が訪れる。そこで地元の人やアートに触れて元気になる人も多いとか。大地の芸術祭のスタッフ・ウォラル美和さんは総合ディレクターの北川フラム氏の言葉を教えてくれた。「アートは何が正しくて、何が間違っているということがありません。アートは唯一、人と違うことが褒められるもの。いろいろな作品に触れ、地元の人と交流することで、みなさん自然と元気になります」。大地の芸術祭は自然に包まれながら、人との温かな交流を通して、素直な自分になれる場所なのかもしれない。

地域の魅力を伝えたい

 「越後妻有での暮らしや自然、地元の人の温かさ、知恵を伝えていきたい」と、東京から越後妻有の地へ移住した女性がいる。かつての小学校を宿として再生した三省ハウスのスタッフの飛田晶子さんは、12年前の2000年の大地の芸術祭に参加したのをきっかけに、こへび隊として活動を続け、6年前に妻有に引っ越してきた。「芸術祭に参加して、今までの価値観と違うものを知りました。さまざまな人との関係が広がったのも面白かったんです」。収穫した食材を保存して冬に備え、どこかへ出歩かなくても暮らしていけるライフスタイルを今もなお続けている人たちから学ぶことが大きかった。集落ならではのルールや豪雪地帯での生きる術に戸惑いながらも、少しずつ地元の人に教えてもらい、この地で生活し三省ハウスに訪れた人たちへ温かなおもてなしをしている。

アートの力 ~人と人、人と場所をつなぎ復興を~

 今年は「震災からの復興」として、昨夏から継続している越後妻有の林間学校に被災者を招待したり、倒壊したオーストラリア・ハウスの日豪協力による再建にも取り組んでいる。新潟県と越後妻有地域は中越大震災(2004)、中越沖地震(2007)、そして長野県北部地震(2011)を経験し、その過程で国内外から多くの支援を受けてきた。アートの力とは、人と人、人と場所をつなぐこと。だからこそ、東北の人たちとつながり、助け合い、生きる証としてのお祭りを続けていこうと取り組んでいる。

地元にある資源×アート~魅力の再発見

下条茅葺の塔

JR飯山線下条駅は、「かつて人がにぎわっていた」と地元の人は言う。もう一度、駅前ににぎわいをと「下条茅葺きの塔」を計画した。
作家名:みかんぐみ+神奈川大学曽我部研究室
作品名:下条茅葺きの塔


手繰りそば

「手繰りそば」のコンセプトは「織物の『織り』と、日本伝統の包装礼法の『折り』をつなぐ」。それを織物を拡大したように立体的な折りが入った掛紙として表現した。
商品名:手繰りそば
魚沼 手繰りそば 布乃利つなぎ
designed by 黒栁 潤

 JR飯山線アートプロジェクトは、今年初の取り組みとして注目が集まっている。利用者が減少している現状を踏まえJR飯山線の周辺にアートを配し、列車にもアートを施すことによって、鉄道そのものが交流の舞台となることを目指す。今回は越後妻有圏域内の2駅の駅前に、それぞれ作品が配される。下条駅では、高さ約11メートルの茅タワーが駅前に出現。この地域には、かつて多くの茅葺職人がいた。今では一人もいないが、人が集う場所としての茅葺きタワーを計画している。越後田沢駅では、河口龍夫氏の作品「時の航海」など、「水」をテーマにした作品を収蔵する納屋が駅前に出現。アーティストが地元のお母さんと相談しながら、郷土料理を提供する予定だ。列車はジャン=ミッシェル・アルべローラ氏がデザインを担当し、コンセプトは「都市と地域の交流」。複数の人の顔とメッセージを取り入れたものを予定している。

 場所だけではない。地域の名産品もまた、アートの力で再生する。越後妻有の名産品と国内外のクリエイターが手を組み、新しくパッケージをデザインすることで売上げ増を目指す「Roooots 名産品リデザインプロジェクト」は、2009年からスタート。今回も13商品の25デザインが採用された。スタッフのウォラルさんは「おいしい食材や豊かな織物、優れた技術があっても現代のマーケットに合わず売上が伸び悩むものがあります。発表の場を待っているデザイナーもいる。これらをうまく結びつけて、前回はデザインを一新したすべての商品が売り上げを伸ばしました」。このプロジェクトは大地の芸術祭が目指す「地域の活性化」に一役買っている。Rooootsの商品は、まつだい「農舞台」内のミュージアムショップおよび、今年の芸術祭を機に新しくオープンする越後妻有里山現代美術館「キナーレ」のミュージアムショップでも取り扱いを開始する。

 まつだい「農舞台」
十日町市松代3743-1
Tel: 025-595-6688 
開館時間/10:00〜17:00
休館日/水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始


次ページ → 大地の芸術祭~おすすめスポット~

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve