新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-57 文化ホールに行こう!:前編~震災復興と文化

file-57 文化ホールに行こう!:前編~震災復興と文化

震災復興と文化

新潟県民会館の記念塔フェニックス

新潟県民会館の記念塔フェニックスは、新潟地震からの復興と躍進する新潟を表現した銅製のモニュメント。金箔を施されている。

 新潟を代表するホール、新潟県民会館。ここの正面入り口のポールの上には、フェニックスが輝いている。フェニックスと言えば不死鳥。火の中をくぐり抜け、何度でも再生を果たすという言い伝えに「復興」の思いを合わせる人は多い。実は新潟県民会館は復興のシンボルでもある。昭和39年(1964年)6月16日に起きたマグニチュード7.5の大地震(新潟地震)。新潟市や佐渡市、村上市などで震度5を記録し、津波や火災、液状化などで多くの人命や建造物が失われた。この災害を受け、全国から多数の義援金が寄せられた。そこで県は震災記念館として県民の大集会場の建設を計画。総工費約8億円のうち3億円を義援金(地災給付金)から拠出し、新潟県民会館は昭和42年(1967年)に落成した。11月21日からのオープニング公演では市民による合唱や演劇の公演、綾子舞などの県内各地の郷土芸能、NHK交響楽団による演奏会などが催され、復興へ向けて文化を通じ、人々の気持ちを一つにした。

 後の阪神淡路大震災や中越大震災、東日本大震災に際して、県民会館では復興支援のための「フェニックス コンサート」を実施している。かつての支援に対する感謝の想い。被災地の方々が次の一歩を踏み出す一助になれば。地域と時代の枠を超え、ホールが人々の心を結び付ける。
   

鑑賞や表現の場としてのホールの機能

 もちろん、文化ホールの本来の役割は地域住民を結び、地域文化を向上させることにある。そのための「機能的」側面も劇場ごとに工夫がされている。例えば1,730席の規模を持つ新潟県民会館の大ホールは伝統的なシューボックス型(長方形の箱型で客席前方にステージがある)で、あらゆるジャンルの舞台演出に対応する。隣接する「りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館」のコンサートホールはアリーナ形式(舞台を取り巻くように客席が配置されている)を採用。残響音が長く、オーケストラ楽器の生の音を響かせるホールを実現した。また、新潟市音楽文化会館は遮音性に優れた13の練習室を持ち、ホールは市民の発表の場としても活用されている。鑑賞や表現の場として、文化ホールはそれぞれに個性的な特徴を持ち合わせている。

「りゅーとぴあ」コンサートホール
「りゅーとぴあ」コンサートホール。
音響的にも視覚的にも、ステージとの一体感、臨場感が楽しめるよう設計されている。
正面には県内のホールでは唯一のパイプオルガンが設置されている。


次ページ → 文化ホール新時代

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve