新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-59 にいがた方言文化考 ~これもにいがたの方言? 新潟の方言事情

file-59 にいがた方言文化考 ~これもにいがたの方言? 新潟の方言事情

  

これもにいがたの方言? 新潟の方言事情

こんなもの、あんなもの。面白いにいがたの方言

大田朋子さん

大田朋子さん
新潟市出身。著書に「独断大田流にいがた弁講座―日本語おおばらこくたい」(新潟日報事業社)、「おもしろえちご塾」(恒文社)などがある。新潟市内の福祉系、看護系専門学校で心理学等、大学で新潟学等を担当。福祉・医療における記憶と笑いの新潟弁効果についても調査・研究。

 「先生にかけられた」、「壁新聞用にたいよう紙を買ってきて」。小さい頃から使ってきた、これらの言葉も実はれっきとした新潟弁。新潟弁を研究するエッセイスト・郷土史研究家の大田朋子先生が教えてくれた。先生も東京での学生時代、これらの言葉で悩んだという。「かけるは『指す』とか『あてる』、たいよう紙は『上質紙』『模造紙』と言うんです。これらの言葉は東京では全く通じませんでした(笑)」。

 「どうも社長が鼻を曲げてしまって…。また明日出直してよ」。ビジネスの現場でしばしば登場するこの言葉も、県外の人には意味不明である。鼻が曲がる…臭い? と連想して、今後の交渉に悩むことになる。一般的には「へそを曲げる」「つむじを曲げる」という。

 新潟弁の代表格「なじらね」はもちろん「調子はどうですか」のような意味。「『なじらね』は古語がルーツの方言です。『汝(なんじ)らはどうしているか』が短くなったのでしょう。言葉は北に行くほど短くなる傾向があります。『腹くちぇ』もそうですね。もともとは『腹がくちる』。『くちる』は落ち葉が朽ちるように、新鮮でなくなってしまったという意味です。反意語は『ひもじい』。昔は全国的に使っていた言葉のようですが、新潟に残ったんですね。新潟にはこのような古語由来の言葉もたくさん残っています。『いとしげ』なんて、素敵な言葉ですね。古語の「いとおし」(大事にして、かわいがりたくなるさま)から来ています。私も大好きな新潟弁です」(大田先生)。
    
    

県内でも通じない? 地域差も大きいにいがたの言葉

 2011年11月に上越市で行われた「越後弁サミット」で、面白い試みが行われた。新潟県内各地域のネイティブスピーカーによる、夏目漱石「吾輩は猫である」の方言による朗読である。ざっと引用してみよう。

・村上市代表の加藤悦郎さん
「おら猫だすけ。名前はまぁーだねぇ」

・新発田市代表の松川美恵子さん
「おら猫だがねす。なめえなんてまだもろでねがねっす」

・新潟市代表の渡辺幸恵さん
「おれは猫だてぇ。名前はまだね~て」

・出雲崎町代表の外山正恭さん
「おら猫だいね。なめーなんかまだねーて」

・上越市高田代表の有沢栄一さん
「おら猫だわね。名前はまだ無いしけ、せわんないわね」

・糸魚川市代表の吉原久美子さん
「おら猫なんだけんさぁ~。名前はまだないやんだぜね」

(上越タウンジャーナル2011年11月13日版より)


上越市・高田世界館で開かれた「越後弁サミット」から「吾輩は猫である」朗読の動画。文字を読むだけでは感じ取れない微妙なニュアンスがよくわかる。
動画提供/上越タウンジャーナル

信濃川

新潟市内を流れる信濃川。長野から続く日本で一番長いこの大河は、かつて人々の暮らし=生活圏を分ける大きな存在だった。
(写真提供/Sengoku40)

 このように、新潟の言葉は地域ですさまじく変わる。なぜ、これほどまでに変わるのか。大田先生は「山や川が境界線になって、言葉の使われ方が変化する」と分析する。阿賀野川を境に、阿賀北は東北弁の影響を受け、信濃川を挟んで下越は西蒲弁、中越は長岡弁。県央地域や上越はまた独自である。関西文化圏と接する糸魚川には関西弁や富山弁の影響がみられ、離島の佐渡や粟島も独自の言葉を持っている。
 方言はその土地の地形や歴史に応じて育つ、まるで生き物のような存在。次のページで、そのあたりをもう少し調べてみよう。
  


次ページ → 「方言の宝庫」となったにいがた

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve