新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-60 にいがたで楽しむ絵本の世界~にいがたゆかりの絵本作家たち

file-60 にいがたで楽しむ絵本の世界~にいがたゆかりの絵本作家たち

  

にいがたゆかりの絵本作家たち

あの作品も! 新潟ゆかりの絵本作家を知ろう

でんせつの きょだいあんまんを はこべ

サトシンさんの近著『でんせつのきょだいあんまんをはこべ』(絵・よしなが こうたく 講談社の創作絵本)。アリたちの一大スペクタクル冒険活劇。突然空から降ってきたあんまんを巣に持ち帰るためアリたちは…。

 教科書でおなじみの児童文学『ごん狐』。この作品を、色鉛筆を用いた格調高い絵で再現した黒井 健さんの『ごんぎつね』は、’86年の発行からいまだに読み継がれている名作絵本だ。黒井さんは新潟市の出身で、イラストレーターから絵本の世界に入り、この作品で大きく飛躍した。ほかにも『手ぶくろを買いに』や『猫の事務所』など、作品数は200を超えるほどだ。

 新潟県出身のサトシンさんは、『うんこ!』(絵・西村敏雄)や『とこやにいったライオン』(絵・おくはらゆめ)などで知られる絵本作家。娘と遊んでいるうちに見つけたという親子遊び「おてて絵本」は、子どもの手のひらを絵本に見立てるというユニークな試みだ。従来の絵本の枠にとらわれない活動は、さまざまなメディアからも注目を集めている。

 『落語絵本シリーズ』で知られる川端 誠さんは上越市(旧高田市)出身。’82年にデビュー作『鳥の島』で「第5回絵本にっぽん賞」を受賞している。制作の裏話などのトークをはさんだ、自作絵本の開き読み「絵本ライブ」も精力的に行っている。

 新潟県からはほかにも第8回タリーズピクチャーブックアワード絵本大賞を受賞した嘉村靖子さん(『おばけのだっこ』)や、東日本大震災で被災した子どもをモデルにした絵本『しんちゃんのランドセル』のエイキミナコさん、『ゆきのひのラック』で注目を集めた原 婦実子さんなど、新しい才能も次々と生まれている。

新潟で絵本を作るということ

松岡達英さん

松岡達英さん・昭和19年5月5日長岡市生まれ。25歳でフリーとなり、以後40年間に渡り数々の自然を題材にした絵本や自然図鑑等の本を出版する。2012年9月には偕成社より『でんしゃはっしゃしまーす』を刊行。

『ぴょーん』

『ぴょーん』(ポプラ社刊)。科学絵本の第一人者・松岡達英さんが、子どもたちのために描いた作品。ページをめくるたびに、さまざまな生き物がぴょーん。

 長岡市生まれの松岡達英さんは、昆虫や植物などの自然をモチーフにしたイラストで知られる絵本作家。国内外をフィールドにした自然科学系の絵本は100冊を超えるという。松岡さんの正確な観察による描写は、小さい頃に駆け回った故郷の野や川が育んだものだ。長岡市にあるアトリエにお邪魔して、お話を聞いてみた。

 「小さい頃の僕の遊び場は栖吉川のほとりでした。昆虫や植物、水辺の生物など、さまざまな自然が常に身のまわりにある環境でした。観察に大事なのは、その対象に興味があるかどうかということです。小さい頃は誰でも自然に対して興味を持ちますが、高校生くらいから次第に遠ざかっていきますよね。けれど僕は大人になってもどんどんのめり込んでいった。トリバネアゲハという蝶にあこがれて、20代の終わりに2ヵ月間オーストラリアとニューギニアを旅しました。それを契機に描いた『すばらしい世界の自然』シリーズは厚生省(現・厚生労働省)児童福祉文化賞を受賞して、自分としてもスタートになった作品だと思います。いまもこうして長岡に住んでいますが、子どもの頃から親しんでいる場所なのでどこに行けばどんな生物がいるのか、全部わかります。むしろ大人になって知識が付いた今こそよくわかる。故郷の野山での遊びが、僕の仕事の原動力になっています」。

 新潟の豊かな自然が育んだ松岡さんの作品世界。県内では他にも黒井 健さんが海沿いの国道を舞台にした『月夜のバス』(作・杉 みき子・新潟県生まれ)を発表するなど、新潟ならではの自然をモチーフにした絵本世界はこれからも広がっていくことだろう。

 次のページからは、そんな絵本の世界をより楽しむための、さまざまな取り組みを紹介する。


次ページ → にいがたで楽しむ絵本の世界

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve