新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-62 発見!新潟の遺跡~古代史の中の新潟県~発掘! 城の山古墳

file-62 発見!新潟の遺跡~古代史の中の新潟県 ~発掘! 城の山古墳

  

発掘! 城の山古墳 ~発掘チーム 水澤幸一さんのお話~

最北の前期古墳:城の山古墳、発掘の道すじ

水澤幸一さん

水澤幸一さん
1967年滋賀県生まれ。立正大大学院を経て、91年に旧中条町役場(現胎内市)に入庁。歴史考古学を専門とし、「奥山荘」に関する論文で新潟大の博士号を取得。

城の山古墳

城の山古墳の遠景。田んぼのなかに、こんもりとした小山のような姿を見せている。

土器片

城の山古墳から発掘された土器片の数々。「多くが粉々にされ土の中に混ぜ込まれていました。なんらかの儀式に使われた可能性も考えられます」(水澤さん)

 城の山古墳は、胎内市大塚にある4世紀前半の古墳です。長径41メートル、短径35メートルの楕円形の円墳で、高さは約5メートルあります。地元では昔からこの古墳を「ひと籠(かご)山」と呼んでいたそうです。盗掘など荒らされた様子もほとんどなく、地域の皆さんが大切に守ってくれていたことがうかがえるものでした。規模としては県内で3番目に大きな古墳になりますが、作られた当時は県内最大の大きさだったと思われます。調査は平成9年から始められました。そして本格的な調査は平成17年の2次調査からとなります。このとき、墳丘の上から土器200片以上が出土し、木棺の存在も認められ、古墳であることが確認されました。4次調査では埋葬されている木棺の大きさが明らかになりました。幅1.4メートル~1.6メートル、長さ7メートル。長さはこの時代としては標準的ですが、幅は通常だとせいぜい1メートルです。1本の木をくり抜いて作るわけですが、全国的にもこんな太い幅の木棺はありません。そこで当初は、木棺を入れるための大きめの坑の上面(墓坑)ではないかとも考えられました。そこで掘り進めたところ、鉄錆びや木、漆、銅の姿がちらりと確認できたのです。ここでは一旦埋め戻しましたが、出土品の保存のために1年間準備をして、平成24年の4月から作業を再開しました。すると、鉄錆びの主は太刀、木は棺材、銅は銅鏃(どうぞく)、漆は弓矢のセットにかかわるものでした。玉(たま)類もその東側から出てきました。これらは被葬者の頭部~上半身に置かれるのが普通です。私たちは、まさに埋葬されていたその場所を掘っていたのです。これにはかなりビックリしましたね。本体をさらに掘り進めていくと、斧や鉇(やりがんな)など、当時の工具や「靫」(ゆぎ)という矢を入れる革製の箱も見つかりました。ここには武器(弓矢)、装飾品(玉)、工具がセットとして納められていたのです。これらの副葬品の組み合わせは畿内の前期古墳に典型的に見られるもので、大和の古墳文化が新潟まで届いていたことを裏付ける証拠になります。

出土品が語りかける古代の新潟

盤龍鏡

盤龍鏡には、中央の左から下にかけて龍の姿が鋳出されている。また、右側にも何らかの紋様がみえるが、絹や紐がかぶっているためはっきりしない。

頭骨の跡

被葬者の頭骨の跡が確認された。写真中央に歯らしきものがあり、これから取り出して詳しい分析が行われる。

 城の山古墳で発見された銅鏡は「盤龍鏡」と呼ばれる物で、後漢か魏の時代に中国で作られたものです。古墳より100~200年以前のモノで、畿内からここ胎内へ持ち込まれたものと考えられます。「革製靫」は表面に漆が塗られており、刺繍によって飾られた表面の菱形紋様も良好に残っています。「革製靫」は出土例が少なく、これまで滋賀県以北では見つかっていませんでした。こうした品々は非常に貴重なもので、畿内においても簡単に作ることができるものでもありません。この地が大和からこれだけの「お宝」を贈られるくらい重視されていたということが想定できます。肝心の被葬者ですが、実は歯らしきものが見つかっています。今後、これを分析すれば、被葬者の性別や年齢などがわかるかもしれません。3月3日には胎内市産業文化会館ホールで第1回シンポジウムを開催しました。12月8日には、更なる謎解きを行う第2回シンポジウムも予定しています。今後とも城の山古墳の動きにご注目ください。

 城の山古墳のある胎内市では、北海道の技法で作られた「続縄文」(私は「縄文」を、土器の縄目紋様を略して「縄紋」と呼んでいますが)の土器片も大量に見つかっています。そして今回、畿内と共通する副葬品が見つかりました。合わせて考えれば、この場所が西と北、それぞれの文化のぶつかる場所であったということが想定できます。また、福島県会津大塚山古墳からも今回と似たような副葬品が出ています。阿賀野川水系を通じて古墳文化が会津へもたらされたのでしょう。城の山古墳のそばには、清水潟(後の塩津潟、紫雲寺潟)があり、物流の拠点でした。当時、物流は内陸部の湖沼や河川伝いに行われました。江戸時代には北前船による日本海物流が盛んになりましたが、古墳時代、ここを拠点にすでに物流が展開されていたのです。今回の調査で、当時の日本の姿がまた少し明らかになりました。そういう意味で、城の山古墳は全国的に注目される貴重な古墳なのです。


次ページ → 古代史の中のにいがた~北方の要所 県埋蔵文化財調査事業団 春日さんのお話


投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve