新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-65 にいがたの美術館・博物館めぐり(前編)

file-65 にいがたの美術館・博物館めぐり(前編)

  

美しい景観とともに非日常を味わう!ミュージアムカフェ

雄大な越後三山を眺めつつ、一息。 ~池田記念美術館~

池田記念美術館_コーヒー

まろやかでコクのある味わいが魅力の「ラフカディオ珈琲」。水のほとりで自然の表情を楽しみながら、優雅な時間を過ごせる。


池田記念美術館_抹茶

陶芸家・吉田明氏の刷毛目茶碗で味わう抹茶も格別。他にも、南魚沼市のジェラート工房で作られたアイスなど、地元にゆかりのあるメニューを提供している。

 南魚沼市の「池田記念美術館」は、緑豊かな八色の森公園内にある“公園の中の美術館”。魚野川と水無川が流れる美しい自然の中で、スポーツや文学、アートなど、さまざまな文化に触れることができます。この美術館に一歩足を踏み入れると、エントランスに広がる絶景に圧倒されます。雄大な八海山と駒ケ岳、また目の前の光の池との雄大な景色を存分に楽しめるガラス張りの空間設計が特長です。
 ご紹介する「いけびカフェ」は、まさにこの空間の一部にあり、館内の芸術作品と魚沼の風景をともに満喫することができます。人気のメニューは「ラフカディオ珈琲」(300円)。ラフカディオとは、文豪・小泉八雲(こいずみ・やくも)の出生名「ラフカディオ・ハーン」を冠したもの。小泉八雲の著書『LA CUISINE CREOLE(ラ・キュイジーヌ・クレオール)』(日本語訳:クレオールの料理読本)を参考に、コーヒーの煎れ方や風味を再現しました。「毎日コーヒーを飲んでいた」と言われるほど、コーヒー好きだった小泉八雲。彼の常設展を設ける「池田記念美術館」ならではの奥深い一杯を、この機会に味わってみてはいかがでしょうか。  

      


童心に返る、木造校舎のランチ。 ~絵本と木の実の美術館~

鉢_全体

小学校給食の懐かしいイメージと、モダンなカフェの新鮮さが心地良い空間。大人たちがくつろぐ間、隣の教室で子どもたちがお絵かきをするという家族連れも多いそう。


鉢_アロス

素材本来の旨みを引き出した、2種類のアロス(スペイン料理の米という意味)。カフェタイムは、ケーキや各種デザート、ドリンク(アルコール)も豊富。

 十日町市の鉢(はち)集落で廃校になった真田小学校を、そのままの姿で活かした「絵本と木の実の美術館」。廃校当時の在校生や先生をモチーフにした物語と、ドングリや木蓮などの木の実、流木などをふんだんにアレンジしたオブジェとの一体感が楽しめます。
 この小学校の職員室と校長室だった場所を調理室としたのが「Hachi Café(ハチカフェ)」。学校の机や椅子をもとに、現代感覚でアレンジしたインテリアにも思わず笑みがこぼれます(購入も可能)。窓から見えるのどかな集落の風景と、木造校舎に残された時計や黒板、児童のらくがき…。子どもの頃の記憶にタイムトリップしたくなる、郷愁との出合いも一興です。メインメニューはスペイン料理で、十日町市の特産である妻有ポークを使った「山のアロス」、旬の野菜を使った「畑のアロス」(各1,000円)がオススメ。手づくりのブイヨンを使って、豊富な具材と一緒に炊き上げるやさしい味わいのご飯。サラダのドレッシングは、地元で作られた味噌を使うというこだわりが徹底しています。アートも、食も、人も、風景も―。空間全体で温もりを感じることができるミュージアムカフェ。小さな子どもから大人まで、「家族みんなで楽しめる」というポイントも見逃せません。
    

自分好みの器を選べる、粋な茶房。 ~雪梁舎(せつりょうしゃ)美術館~

田母木_全体

日本庭園を望む、純和風の茶房。夏は蓮(はす)池が美しく、冬の雪景色も格別とのこと。日曜日限定の抹茶セット(500円)は、9月まで東京藝術大学学長の宮田亮平氏の硝子茶碗で提供。


田母木_ケーキセット

ヨーロッパを中心としたカップ&ソーサーからお好みを選べる、ケーキセット。シュガー&ミルクポットやケーキ皿は、ウェッジウッド。

 新潟市西区の焼鮒(やきふな)公園内にある、純和風建築の美術館。「雪梁舎美術館」の茶房「田母木(たもぎ)」も同じく、太い梁を通した日本家屋の落ち着きに満ちています。この昔ながらの佇まいにガンダーラの石仏など多彩な出土品が並び、和風のインテリアと心地良く共演。美しい日本庭園と相まって、見事な品格を感じさせます。
 ご紹介するメニューはケーキセット(700円)。日替わり3種類のケーキから1種、ドリンク(コーヒー、紅茶、ホットココア、オレンジジュース)もお好みで。また、30~40種類以上ある国内外の陶磁器から自分好みでセレクトできる点も人気の秘密です。マイセンを中心に、ノリタケ、ロイヤルコペンハーゲンなど、多彩なデザインのカップ&ソーサーからティータイムのパートナーを選べるとは、まさに粋な配慮。86畳敷きの常設展、マイセンやシャガールの部屋を観賞した後なら、なおのこと贅沢な時間を過ごせそう。
 ちなみに「田母木(たもぎ)」とは、稲架木(はさぎ)※注(1)のこと。美術館の名前には「雪」の文字が。米どころ&雪国新潟を象徴するネーミングにも、ふるさとを実感するヒントが隠されています。

※注(1)刈り取った稲を乾燥させるために田んぼに沿って植えられている木。




次ページ → 地域の歴史と文化が薫る!ミュージアムショップ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve