新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-74 にいがたの城下町(前編)

file-74 にいがたの城下町(前編)

  

高田開府400年 高田城と城下町の変遷

時を超え 高田の歴史が花開く

  春の高田城 三重櫓

美しい桜と三重櫓(さんじゅうやぐら)の共演。高田城は1870年(明治3年)に焼失し、1993年(平成5年)に絵図などを元に三重櫓が復元されました。三重櫓は高田地域のシンボルの一つとして愛されています。

 江戸時代、越後の都は新潟市ではなく、上越市高田地域にありました。高田地域に高田城と城下町が築かれ、都が置かれた「高田開府」から2014年で400年を迎えます。徳川家と豊臣家の最終決戦を前に、急ピッチで造られた高田城は徳川の天下統一を盤石にするための布石ともいわれています。高田城の歴史をひもとくと同時に、高田開府400年祭に向けた市民の情熱を伝えます。

越後の都で徳川の支配力象徴

 
花岡公貴さん

上越市立総合博物館学芸員の花岡公貴さん。1996年(平成8年)から上越市で学芸員を務め、市史編さんや小川未明文学館の立ち上げに携わりました。榊原家史料や江戸時代の武家社会と城下町の関係を研究しています。

 高田城建設にはどんな意味があったのでしょうか。築城の理由を明記した資料などは残っていませんが、築城前年の1613年(慶長18年)という年に大きなヒントがありそうです。それはまさに、天下のリーダーが豊臣家から徳川家に代わるタイミングでした。築城を命じたのは徳川家康。家康は、六男の松平忠輝(ただてる)が治める越後・高田に新城を築くことを決めました。高田は北陸道の出入り口にあたり、北国街道上の要衝でもありました。加賀の前田家を押さえ、また佐渡の金銀を輸送する北国街道を確保できるという意味でも重要な地域でした。上越市立総合博物館学芸員の花岡公貴さんは「高田に徳川の色をつけようとしたのでしょう」と推測します。高田城は徳川家の支配力を象徴する上で、重要な役目を果たしたと考えられているのです。

 工事には徳川の命を受けた陸奥国仙台の伊達家、加賀国金沢の前田家をはじめ、13もの有力な大名が従事しました。かつて豊臣方だった大名たちが高田城のために私財を投じ、徳川の味方であることを示したのです。この勢いは工期の短さにも表れています。姫路城や福島城の工期は7~10年だったのに対し、高田城は異例の4ヵ月。各藩から集まった技術者や労働者は計5~10万人ともいわれ、幕府の事業として行われた“天下普請”でした。60万石(一説では75万石)の高田城が完成したのは1614年(慶長19年)7月5日ごろ。大坂冬の陣の3ヵ月前のことでした。高田城は、豊臣家との決戦に臨もうとする家康が打った、最後の布石だったのかもしれません。

五郎八(いろは)姫の一途な思い

 高田城の初代城主となった松平忠輝。しかし、実際に暮らしたのは短い期間でした。忠輝は大坂夏の陣での遅参や、キリシタンへの接近などを理由に領地を没収され、築城の2年後には伊勢に配流されました。そのため、妻の五郎八姫は離縁を余儀なくされました。五郎八姫は伊達政宗の長女として生まれ、13歳で忠輝に嫁ぎました。幼い頃から和歌や書道、茶道をたしなみ、聡明で美しい女性だったと伝えられています。離縁した姫はまだ20代前半でしたが、父・政宗が縁談を持ち掛けてもかたくなに断ったそうです。また、姫の残した和歌や手紙には、離れた誰かへの想いがつづられていたとか。生涯独身を貫いた五郎八姫。一途に忠輝公を慕い続けていたのでしょうか。高田開府400年祭では、五郎八姫のお輿(こし)入れの儀を再現します。400年ぶりの“2人の再会”に、あなたも立ち会いませんか。


洋風建築と桜が美しい街へ

本町通りと高田館

本町通りと高田館(上越市立高田図書館所蔵『高陽余影』より)。雁木通りの中で高田館の洋風建築が際だっています。

昭和初年 観桜会ポスター

昭和初年の観桜会ポスター(上越市立高田図書館蔵)。色鮮やかなポスターには桜やぼんぼり、堀に浮かぶ屋形船などが見られ、楽しげな雰囲気が伝わってきます。

 忠輝が去った後、殿様は稲葉家、榊原家など7家代わりながらも、高田城下町は約260年にわたって、越後の都として役割を果たしました。しかし、廃藩置県をきっかけに地方政治の中心地としての地位を失いました。そこで、寂れつつあった町に活気を取り戻そうと、1905年(明治38年)に陸軍第13 師団の誘致に名乗りを挙げます。新潟・長野両県内の新井、小千谷、柏崎、新発田、長野、松本などと競争する中、鉄道、電気、通信といったインフラが整っていたことなどが利点となり、高田は13師団の誘致を成功させます。1908年(明治41年)、師団が高田に入城すると、団員により人口も増加。それを目当てに商店も増えました。街の景観にも変化が起きます。師団長が設計に関わった旧師団長官舎をはじめ、洋風建築が流行したのです。その後、小熊写真館、高田館、高田市役所など多くの洋風建築が誕生し、城下町を彩りました。

 また、1909年(明治42年)には在郷軍人団が師団の入城を記念して、2200本の桜を高田城跡に植樹しました。これが今も、高田を彩る美しい桜の始まりです。師団司令部は1917年(大正6年)から構内での一般見学を許可。この頃の花見は露店や興業が禁止され、人々が静かに花を眺めて楽しんでいたそうです。昭和初年には高田保勝会(ほしょうかい・後の観光協会)が第1回観桜会(かんおうかい)を主催します。初めて堀に沿ってぼんぼりを並べ、桜の木の間に電灯が装飾されました。堀の水面に映る桜とぼんぼりの美しさが市民の心をつかんだことは、言うまでもありません。











次ページ → 街に活気生む世紀の祭

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve