新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-77 にいがたの映画祭

file-77 にいがたの映画祭

  

映画を通じた文化交流

映画祭とは

 カンヌ、ベルリン、ヴェネツィアで行われる映画祭が世界3大映画祭と呼ばれています。世界のトップスターがレッドカーペットを踏み歩く姿が毎年、テレビ・新聞を賑わせます。
 映画祭では、世界中から集められた映画作品の上映や作品審査、賞の授与が行われ、その動向にも注目が集まります。映画ファンのみならず、その光景は誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
 日本では、1985年に「東京国際映画祭」が初開催。相米慎二監督の『台風クラブ』がグランプリを受賞しました。日本で最も古い歴史を持つのは大分県の「湯布院映画祭」で、1976年から開催されています。
 その後、地方でもそれぞれの地域性を持った映画祭が数多く立ち上がりました。北海道の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」は、SF、ホラー、ファンタジーに特化しています。山形の「山形国際ドキュメンタリー映画祭」はドキュメンタリーにと、いまでは特色ある映画祭が全国各地で開催されています。

にいがたの映画祭はじまる

 
市川栄さん(にいがた国際映画祭実行委員長)

市川栄さん
1958年12月3日生まれ。映画監督のジャン=リュック・ゴダールと同じ誕生日。多い年は、年間300本は観ていた大の映画ファン。フランス、イタリア、日本映画が特に好き。神奈川大学在学中は映画サークルに所属。作品を撮り、コンペに出品するも落選が続いた。そんな時も審査員の見る目の無さを仲間たちと言い合った。会社員として勤めながら、「にいがた国際映画祭」の立ち上げ期から関わる。第24回「にいがた国際映画祭」実行委員長。

 新潟市でいまも続く「にいがた国際映画祭」の第1回が開催されたのは、1991年でした。その計画が持ち上がったのは1986年の秋です。「にいがた国際映画祭実行委員会の準備会」が当時の新潟市長も加わり、新潟市役所内に設置されました。映画祭のあり方をめぐり、様々な議論を重ねながら準備が進められました。
 本開催のきっかけとなったのは、1990年に財団法人新潟市国際交流協会が設立されたことがあります。映画を通じて、国際交流、異文化理解の促進を図れるのではないか。新潟という土地は日本海交流の拠点になることができるのではないかといった目的が明確化しました。新潟独自の映画祭に向けた準備が本格化します。
 はじめは市民のボランティアスタッフら10数名が集まり、映画の選定、会場の確保、広報や宣伝を行い、翌年2月に第1回が開催されました。テーマを「環日本海編」とし、旧ソ連、中国、韓国、北朝鮮、モンゴルの5ヶ国から集めた13の映画が上映されました。

シネ・ウインドと映画祭

 「にいがた国際映画祭」第1回の実行委員長を務めたのは齋藤正行さんでした。齋藤さんは、1985年1月の名画座「ライフ」の閉館を機に、この街に文化の灯りを消してはならないと奮起します。同年12月、市民からの出資と会員制、ボランティアによる運営を行う「新潟・市民映画館シネ・ウインド」を開館させます。映画の上映だけでなく、音楽や落語、演劇などの舞台としてもその場を活用、またまちづくり活動の拠点ともなるような場としました。
 当時、各町々にあった映画館の閉館が続いていた中、映画ファンのみならず多くの市民にとっても文化交流の拠点となりました。「シネ・ウインド」開館によって、生まれた人のつながりが「にいがた国際映画祭」開催を支えた大きな要素です。
 その齋藤さんは、環日本海をテーマに行われる「にいがた国際映画祭」を前にひとつの提言をします。「韓国と北朝鮮の映画をかならず入れるべき。新潟という土地だからこそ果たせる役割があるはずだ」と。朝鮮半島と歴史的にも交流の深いこの新潟という土地で、その二つの国の映画をかけることを提案しました。
 以後の映画祭にもその方針は受け継がれ、「にいがた国際映画祭」の特徴のひとつになっています。


その後の展開

  第2回にいがた国際映画祭の一場面

第2回にいがた国際映画祭。ゲストに映画評論家の佐藤忠男さん(上段右から3番目)を招いた。終了後、実行委員のメンバーと撮影。

 第2回の「にいがた国際映画祭」では、上映作品の地域はベトナム、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピンなど東南アジア地域にも広げられました。ゲストを招く企画もこの頃からです。第2回のゲストは新潟市出身で映画評論家の佐藤忠男さんでした。
 佐藤さんは鋭い映画批評を書くだけでなく、アジア地域をはじめ世界中の映画作品を発掘、紹介された方です。後に、日本映画学校校長も務めます。また当時、「福岡映画祭」(福岡県)に関わっていたこともあり、「にいがた国際映画祭」の実行委員にもぜひ見に来てもらいたいと声をかけたそうです。
 新潟の映画祭を見て、「企画の意図が散漫になっている。実行委員会が本気で伝えたいテーマはなにか、紹介したい作品はなんなのかしっかりと考えてみる必要がある」との厳しくも期待の込もった感想を述べました。現在、「にいがた国際映画祭」実行委員長の市川栄さんはその時、実行委員会メンバーでそれを聞いていました。その後、市川さんは「福岡映画祭」へ出かけ、佐藤さんとの交流も続いたそうです。
 そして「福岡映画祭」に出かけていくうちにスタッフにも知り合いができ、お互いに行き来することもあったそうです。また、全国各地の映画祭との交流も生まれました。「山形国際ドキュメンタリー映画祭」(山形県)、「高崎映画祭」(群馬県)、「なみおか映画祭」(青森県)などの映画祭スタッフとも交流が生まれ、実行委員の数名で行くこともあれば、逆に新潟に来てもらうこともあったそうです。



全国初

 「にいがた国際映画祭」はその後も、実行委員会の奮闘とともに回を重ねていきました。中には全国初公開となる作品もありました。1998年の第8回では香港の映画、『上海グラント』を全国初公開しました。県外からのお客さんも多く来場するようになりました。
 第1回からの方針であった韓国、北朝鮮の映画上映に関しても初公開がありました。映画祭初期の頃、北朝鮮の映画作品が配給会社にはないことがありました。その時には、実行委員会のメンバーで新潟朝鮮総連を訪ねて、映画を借りてきたこともありました。映画を通じた文化交流という目的を伝えると、新潟朝鮮総連にあった映画を借りることができたそうです。


映画だけでなく

  にいがた国際映画祭の会場

にいがた国際映画祭の会場、市民プラザ受付の様子。

 市川さんが実行委員長だった1994年の第4回からは国際交流パーティが開催されるようになりました。インド料理や韓国料理など市内の料理店に出店協力してもらい、様々な外国籍の方たちと市民らの交流の場が設けられました。
 また、映画祭の中でファッションショーも開催しました。市内の服飾系専門学校と連携し、生徒が作ったアジア地域の民族衣装を着てのファッションショーです。キャットウォークを作り学生らが歩きました。
 他にも写真展や演奏会、落語会の開催と映画上映だけでなく様々な催しが開催されました。 多くの市民にとっても国際交流、異文化理解の場となっていきました。
 映画の上映だけでなく、様々なイベントを開催するには行政や会場など関係機関との交渉事も増えていきます。市川さんはこの頃から、「実行委員長は、みんなのやりたい!をくみ上げること、そこで上がった意見を実現することが仕事だった」と語ります。
 1999年頃には観客動員数7000人を越える集客となり、活況ぶりをみせることになります。



次ページ → 映画祭に行く、から関わる、作るへ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve