新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-80 受け継がれる伝統芸能(前編)

file-80 受け継がれる伝統芸能(前編)

  

見附・小栗山地区に伝わる不動院獅子舞

伝統を絶やさぬために

  新潟小学校獅子舞保存メンバー

見附市立新潟小学校の5年生(23名)と6年生(19名)。300年伝わる小栗山の歴史を今に伝えるメンバーです。

 見附市の小栗山(こぐりやま)地区には、地元の寺に300年以上伝わる「不動院獅子舞(ふどういんししまい)」という伝統芸能があります。この獅子舞は、毎年8月の祭りで代々、地区の農家の跡取りだけが舞うのを許されていたもので、見附市の指定文化財となっています。1970(昭和45)年頃、過疎化の影響で一時途絶えてしまいましたが、1976(昭和51)年、住民や公民館の呼び掛けで「小栗山不動院獅子舞保存会」を発足し、活動を再開しました。
 当時、舞い手になっていたのは地元に住む大人たち。この中に、現在子どもたちを指導している鈴木正明さんがいました。当時20代だった鈴木さんは、舞の経験はもちろん、笛や太鼓に触れたことすらなかったといいます。集まったメンバーの中で、渡された笛の音を出せたということから笛を担当することになった鈴木さん。「子どもの頃から見ていましたから、知ってはいましたが、笛を吹いたのも初めてでした。先輩の指の動きを見て、音を聴いて…目と耳で必死に覚えました。」途絶えかけた火を再び燃やす第一歩は、このように手探りに近いものだったのです。
 保存会による活動は続いていましたが、地元を離れる若者が増えたことからふたたび後継者不足に。そこで1996(平成8)年からは、見附市立新潟小学校の5・6年生が保存会の方々からの指導を受け、見事に獅子舞を継承しています。

人から人へ、受け継がれる技と魂

 
  小栗山不動院獅子舞保存会の鈴木正明さん

子どもたちに笛を指導する、小栗山不動院獅子舞保存会の鈴木正明さん。鈴木さんは小栗山獅子舞に関わって約40年のベテラン。毎年子どもに一から手ほどきをするのは根気がいりますが、それ以上にやりがいがあるといいます。子どもたちの背筋がピンと伸びているのが印象的な練習風景です。

 

 保存会の鈴木さんは、指導を受ける子どもたちの様子をこう語ります。「新潟小学校に入学すると、高学年になると獅子舞をやるということを子どもたちも認識しているようですよ。練習は、礼に始まり礼に終わる。その部分一つをとっても、いい場所だと思っています。始めからできる子はいませんし、楽譜もありません。教える方も教わる方も根気のいる稽古ですが、人と人が向き合ってしか伝えられないものだと思っています。笛や太鼓、そして神楽の技、すべてにおいて、子どもは見て聴いて体で覚えていきます。その能力には毎年感心するばかりですよ。」

全国的に評価された功績

 
  下級生を指導する上級生

上級生から下級生へ、毎年受け継がれる技術と心。初めて笛を吹く下級生を見守る上級生の目は、優しさであふれています。

 
 

 新潟小学校と保存会によるこの取組は、2013(平成25)年、教育界でも高く評価されました。豊かな人間育成に貢献する学校、団体などに贈られる「博報賞」(公益財団法人博報児童教育振興会主催)の日本文化理解教育部門で、最も優れた活動をした団体として「文部科学大臣奨励賞」を受賞したのです。
 この受賞は、指導する保存会メンバー、練習を重ねる子どもたちにとって大きな励みになりました。新潟小学校の太田敬祐校長は「赴任して2年になりますが、獅子舞を初めて見た時は驚きました。普段は無邪気で元気いっぱいの子どもたちですが、立派な演者なのです。多くの人々に支えられて継承されてきた活動は、子どもたちの考え方、学び方にいい影響をもたらしています」と語っていました。


現在、そして未来へ

 
  見附市文化ホール「アルカディア」で行われる公演

見附市文化ホール「アルカディア」で行われる公演は、子どもたちのモチベーションになるとともに、獅子舞を住民に伝える場になっています。保護者や住民の温かい拍手が、会場いっぱいに響きます。

二人一組の神楽舞

2人1組で舞う神楽舞。2人の呼吸を合わせるのも大変ですが、中で獅子の頭を支えるのも小学生にとっては大変な重労働です。

神楽舞

太鼓のリズムから足の動きまで、全て目と耳でマスターした獅子舞。軽快な動きで見る人を引き付けます。

 

 現在、獅子舞は不動院の「観世音大祭(かんぜおんたいさい)」、秋に公民館で行われるフェスティバル、学校の文化祭、また老人ホームへの訪問などで練習の成果を披露しています。5年生は10月に行われる公民館の発表でデビューします。「子どもたちはただ獅子舞を演じているだけではありません。総合的な学習の時間で獅子舞のいわれなどを学び、私たち保存会の想い、そして伝統芸能の大切さを理解しているんですよ。小さくても、立派な伝道者です。」と鈴木さん。保存会のメンバーは、若いメンバーも少しずつ加入しているとはいえ、数十年先のことは分からないといいます。「この中から、地元に残って将来指導者となってくれる子が出てくれることを期待しています」という鈴木さん。
 6年生が最後の公演を終え5年生にバトンを引き継ぐ時、保存会のメンバーへ感謝のメッセージをしたためた手紙を贈ります。これを宝物だという鈴木さんは、これからも子どもたちに伝統文化と見附の魂を伝え続けます。





次ページ → その他の地域での活動

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve