新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-81 舞踊芸術の世界(前編)

file-81 舞踊芸術の世界(前編)~Noismという日本初の劇場専属舞踊団~

  

Noismという日本初の劇場専属舞踊団

日本初・劇場専属舞踊団Noismの発足

 Noismが日本初のレジデンシャル・ダンスカンパニー(劇場専属舞踊団)として産声を上げたのは2004(平成16)年4月。以来10年に渡り、りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館(以下りゅーとぴあ)を拠点に、高い身体性と鋭い問題意識に裏打ちされた作品を発表し続けています。現在はプロフェッショナルカンパニーであるNoism1と付属研修生カンパニーのNoism2で構成されており、市と協議し契約を更新しています。
 設立のきっかけは、海外の舞踊団で活躍して日本に戻った演出振付家であり舞踊家の金森穣さんが、2003(平成15)年にりゅーとぴあ製作の市民ミュージカルにゲスト出演したことでした。
 「東京での活動をベースにしたまま、りゅーとぴあの芸術監督に就く案をいただきました。しかし日本もヨーロッパのように劇場がある地方都市に芸術監督が住み、その人と共に専門的スタッフが雇用され、劇場からその地域独自の文化芸術を発信するべきだと思っていました。ですからそのスタイルを新潟市に提案し、Noismが誕生しました」

 金森さんが新潟で目指すのは、劇場文化を成熟させること。それには文化政策としてやるべきであると、その活動は舞台制作の域を超え、行政との交渉にも積極的です。
 「りゅーとぴあという素晴らしい公共の施設があるのは、感性や情操、文化度の向上・持続のためにそれを育む場としての施設が、新潟市の文化政策として必要だからです。しかしその政策を実現するには、専門家を雇用する必要がある。ただ市民が利用するだけのサービス施設であってはならないんです。そして雇用された専門家が既存の枠にとらわれない新たな表現や、現代社会に対しての何らかの批判性というものを表現していく必要があります。なぜなら自己批判の出来ない社会は成熟していかないからです。『東京から作品を買ってきて上演して、終わり』ではなくて、その劇場独自のもの、その地域独自の文化を創造していくことが重要です。だからオファーをいただいた時は、ようやく日本でも地方からそういう劇場文化が始められるかもしれないと思いました」

金森穣(かなもりじょう):演出振付家、舞踊家。りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館舞踊部門芸術監督、Noism芸術監督。2007(平成19)年度芸術選奨文部科学大臣賞、2008(平成20)年度新潟日報文化賞受賞。
詳しくはこちらへ。

Noism1は新潟を拠点として、日本国内ツアーをはじめ、これまでに海外8カ国11都市でも公演を実施しています。2008年度第8回朝日舞台芸術賞舞踊賞を受賞。撮影者:篠山紀信

Noism1の付属研修生カンパニーNoism2と、専属振付家兼リハーサル監督の山田勇気。プロを目指す若手の舞踊家が所属し、毎年春夏に単独公演を行う他、県内ツアーや新潟市内イベントにも出演、Noism1との合同公演も。撮影者:遠藤龍

舞踊とは、プロフェッショナルとは

 

『SHIKAKU』(2004年) 撮影者:篠山紀信
Noismの記念すべき第1作目。観客もステージに上がり、仕切られた空間を移動する舞踊家を追いかけながら見る斬新なスタイル。

 「舞踊がなくても社会は機能するし、人は生きていくことができる」と金森さんは言い切ります。それでも敢えてNoismが追求する「舞踊」とはどういう価値があるものなのでしょうか。

 「自治体に雇用されて、常設の稽古場がある。これだけの環境を要請して活動するからには、その活動の文化的意義や芸術的価値といったものを提示していかなくてはならないと思っています」

 「人は『なんか違和感あるけど美しいなとか、なんかこれ分かんないけど、心に残るな』という自分の価値観にはなかった出来事、表現、すなわち異文化と触れた時に初めて自分と向き合い、価値観の共有できる他者との絆を深めるものです。演劇と違い、表現のほとんどが身体の動き、その有り様に由来する舞踊は時に『難しい』『分かりにくい』と言われることがあります。しかし人間は言語化できないもの、数値化できないものから魂を揺さぶられたり、その出来事が心に刻まれたりする感受性をもっているんです。その『感受性、そして身体の可能性』に舞踊家はかけている。そもそも人間存在、あるいは宇宙の始まりといったこの世界の起源などは、未だ謎だらけなんです。その謎を解明しようと己の身体と向き合うこと、そしてその謎を表現するためには、舞踊家がそのための覚悟や犠牲を背負ってでも舞台に立つ専門家でなくてはならない」と金森さんは語ります。

 「舞踊に興味がない、ふらっと劇場に来たような人でも『作品の意味、表現の内容は分からないけど、あの人達の身体とあの舞台上の出来事っていうのは、なぜか心に響くよね』というものを提示しないといけない。自分たちや、その表現に価値を感じる人達が社会的マイノリティであることは認識しています。でもマイノリティだからこそ既存の社会に発言できることがあるし、いつの時代でも新しい文化を生み出すのは社会的マイノリティです。大衆化されるのはそのあとのことだから。それにこうして活動を認めてもらえているということは、新潟市がその可能性を信じてくれているということでしょう。だからこそ我々は大衆に迎合することなく、環境に甘えることなく、精進しなければならないと考えています」

地方都市・新潟から発信するということ

『NINA−物質化する生け贄』(2005[平成17]年) 撮影者:篠山紀信
舞踊家の強度な身体の可能性を追求した作品。初の海外ツアー作品として2007年には北南米4都市で上演されました。

 連日何十という 劇場で作品が上演されている首都圏とは違い、Noismが誕生するまでプロの舞踊家の作品に触れる機会が少なかった新潟。「観る」頻度が高かったとはいえない土地での活動に、懸念はなかったのでしょうか。

 「来ることに違和感はまったくありませんでした。農業の例もそうですが、本来質の高いもの、味わい深いものを作るためには、まず土を耕して、選び抜かれた種をまいて、時期が来るまで丁寧にケアして…と、長い時間とエネルギーをかけないといけません。そういう場所は地方の方が断然あるんです。東京は市場です。誰も市場で野菜は育てないでしょう。今まで新潟の人たちは、東京よりも舞台芸術に触れるチャンスが少なかったかもしれない。しかし、舞台芸術にはそういう過度な情報にさらされてない人がどう感じたかというのはすごく重要なことです。勿論専門的知識を持った人の感想や、見巧者(みごうしゃ)の感覚も重要ですが、東京のように人口も溢れていて、同感覚の人達の間で集まって評価し合っているようでは、舞台人は自らの可能性を広げていけないんです。それに未開の地で活動を始める方が、舞踊団と観客が一緒に成長していくことが出来るし、独自の文化を築きやすい。だから東京よりも地方の方が可能性があるんだけれど、地方に住んでいる人達の方が東京化を目指しているような気がします。東京なんて気にしなくていい、新潟の方が可能性に満ち溢れている、それは断言できます」

 それは設立から10年経って、まさに金森さんが改めて実感していることでもあるようです。「10年前から我々の公演をずっと見続けてくれている人たちと共に歳を重ね、新潟という街の変化を共有し、舞台作品についてや、新潟について意見を交わすこともある。そうやってお客さんと一緒に築き上げていく感覚があるんです」。そんな風に応援してくれる人たちがいることで「その人たちを驚かせたい」「感動してもらいたい」と思う。作品が誰に対して向けられて、自分たちの活動が誰によって支えられているのかということを意識化することでしか、見いだせないものがあるとのこと。「だから私は劇場文化を通して、新潟という地域の発展と成熟を目指しているし、観客の皆さんと一緒にそれを実現させることに意義を感じています」

Noism誕生から10年の軌跡

 「発足から10年とはいえ、まだまだ祝う気持ちにはなれません。これからですよ」

 Noism2は5年目を迎え、新潟市歴史文化博物館でのプロジェクションマッピングとのコラボレーション公演をはじめ、新潟市の文化事業としての依頼が今年から始まった。金森さんと新潟を拠点に活躍する人々との公開対談企画「柳都会」は11回を数え、副芸術監督である井関佐和子さんのファンクラブが市民の間で立ち上がるなど、舞台を越えてNoismの活動は広がりを見せています。

 「10年のなかで一つ重要なのは、研修生カンパニーであるNoism2を2009(平成21)年に設けたことですね。若い子達がまずNoism2に入って自分が養ってきた知識とプロの現場がどう違い、新潟の街でNoismとして活動するとはどういうことかというのを2~3年経験したうえでNoism1にあがってくる。その段階はすごく重要ですし、Noism1が世界に向けて活動する分、ローカルな活動を充実させることにも繋がります」

 しかし、まだ思い描く劇場文化の道は半ば。節目というよりも、ようやくこれからスタート。「どうやったら新潟市の文化として根付かせられるかということは、常に考えています。さらにNoismが認知され、もっと集中して世界に通用するものを定期的に作るためには、より体制を充実させなければなりません」

 そして金森さんがこの10年で気がかりだったことが、他の地域にレジデンシャルカンパニーが誕生しなかったこと。「劇場専属舞踊団が他の自治体にもできて、『新潟のあのやり方はないよね』とか『参考にしよう』とかそういう相対化が必要だと思います。そうやって相対化することでしか、人は自ら手にしているものの価値に気付けない。それに文化は地域を越えたり、分野を跨いだりして刺激し合わないと成熟していかないのです」

Noism対談企画『柳都会』第8回より 撮影者:遠藤龍
毎回新潟を拠点に活躍している方をゲストに招き、金森さんが対談を繰り広げる。第8回は新潟・市民映画館シネ・ウインド代表齋藤正行氏。

Noism設立10周年記者会見の様子 撮影者:遠藤龍
2014(平成26)年4月に結成10周年を迎えたNoism。この日、山田勇気さんのNoism2専属振付家兼リハーサル監督就任も発表されました。

衝撃を与えた10年目の新作『カルメン』

 積み重ねてきた10年を経て、2014(平成26)年6月に発表された作品が劇的舞踊「カルメン」。大きな反響を呼ぶと同時に、知名度の高い原作と、プロの舞台俳優の起用がこれまでになかった演劇的な演出として話題を呼びました。

 「10年間様々な作品を創作してきましたが、劇的舞踊『カルメン』では役者と舞踊家が一つの舞台を共有することで、新たな舞台芸術を生み出したかった。それは舞台芸術の可能性であり、劇場文化の可能性なんです。毎回作品を創るときに、今この時代・今この瞬間・今この国に何を放つべきかということを考えます。どうしたら我々の活動、そして作品が現代社会に対して価値あるものになるかを常に考えています。現代の日本では舞踊を見に行く人は演劇を観ないし、演劇を観る人は舞踊を観ない。あるいはコンサートに行く人も、なかなか舞踊や演劇の公演に足を運ばない。だから今回ビゼーの有名なオペラ音楽を使うことで、音楽ファンも気になる、役者が出ることで演劇ファンも気になるといったように、ジャンル分けができないような舞台芸術を創作したかった。それと舞踊よりも演劇の方が劇場文化や舞台芸術の社会的意義について議論したり考えたりしている人が多いという現状がある。事実私が帰国してから観た舞台芸術作品では、舞踊よりも演劇にひかれることが多いんです。それが結果として今回のカルメンのような形で舞踊×演劇の作品となっている面はあるでしょうね」

Noism1&Nosm2合同公演 劇的舞踊『カルメン』(2014年) 撮影者:篠山紀信
オペラでよく知られる従来の『カルメン』の物語をなぞるのではなく、メリメの原作小説とオペラの脚本からオリジナルの物語を創作。旅する学者の視点で語られるまったく新しい「カルメン」が発表されました。

劇的舞踊『カルメン』リハーサル風景(2014年)撮影者:遠藤龍
Noismのメンバーは週5日から6日稽古を行い、本番に備える。りゅーとぴあ内に優先利用できる稽古場があることで、継続して質の高い練習を行うことができ、個々のスキルアップ・作品の向上へと繋がっています。

 

次ページ → 新潟に劇場文化が根付くことを目指して

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve