新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-83:にいがたの第九

file-83 にいがたの第九

  

第九と新潟の45年に渡る軌跡

ベートーヴェン作曲「交響曲第九番ニ短調『合唱付き』」

 今では「ベートーヴェンの最高傑作」と言われることもある程、世界的にも有名な「交響曲第九番ニ短調『合唱付き』(以下第九)」。日本でも音楽の教科書に載るなど馴染みが深く、師走ともなると全国各地でコンサートが開かれています。
 しかし、1824年5月7日、ウィーンで行われた記念すべき初演では拍手喝采であったにもかかわらず、あまりの斬新さ、歌詞のもとであるシラーの詩「歓喜に寄す」の改編などにより全般的に批評は厳しく、一時は失敗作だったとも言われていました。それが1846年のワーグナーによる演奏が転機となり、ヨーロッパ中で演奏され、19世紀中頃にアメリカ、そして20世紀にアジアへと広まっていきました。日本での初演は1918(大正7)年に徳島で行われ、以来約100年に渡り多くの人に感動を届けています。

新潟と第九の歴史

 現在の新潟の第九に触れる前に、新潟と第九の関係をたどってみましょう。
 新潟で初めて第九の公演が行われたのが、1969(昭和44)年11月、新潟県民会館主催の「新潟県民音楽会」。そして2回目が1976(昭和51)年、コーヒーメーカーが全国で展開していた「ゴールドブレンド・コンサート」になります。1984(昭和59)年には1,000人で歌い上げる「みんなでつくろう1000人の第九演奏会」を新潟市体育館で開催。新潟市内はもとより、新潟県全域から有志が集まったと言います。「今では大阪城ホールや両国国技館といった大空間を会場に大勢で歌うコンサートもありますが、当時では珍しかったと思います」(新潟第九コンサート実行委員会事務局長:藤田さん)。
 第九が新潟で定期的に演奏されるようになったのは、1990(平成2)年からスタートした第四銀行主催の「だいしライフアップコンサート」。「だいしの第九」というゴロの良さからも親しまれ、10年に渡り新潟に第九が根付く基礎を築きました。「だいしの第九」が終了し、途中にロシアから来日した「レニングラード国立歌劇場管弦楽団」による演奏を挟み、1999(平成11)年から現在の「新潟第九コンサート」が始まりました。丁度、新潟市民芸術文化会館 りゅーとぴあ(以下りゅーとぴあ)開館のタイミングと時期を同じくし、共に歴史を刻みながら、「だいしの第九」から足掛け25年、毎年新潟市に第九の合唱が響いてきました。四半世紀、欠かさずに歌い続けているメンバーもいるとのことです。
 また、年末に限らず1987(昭和62)年の新潟市産業振興センターの落成記念や、2009(平成21)年の柏崎で震災復興を祈念する「柏崎第九演奏会」、2012(平成24)年にはアオーレ長岡のオープニング記念イベントのクライマックスとしての合唱や、今年は長岡市民音楽祭にて中越大震災から10年の節目を想い復興祈念に演奏会が開催されるなど、第九は節目節目で歌われる、県民の暮らしに欠かせないものへと浸透しています。

新潟第九コンサート2013の様子
新潟第九コンサート2013
前回は2013(平成25)年12月22日、新潟市民芸術文化会館 りゅーとぴあ コンサートホールで行われました。立ち見も出るほどの大盛況。指揮者:諸遊耕史

   
 

15周年を迎える「新潟第九合唱団」

  
  新潟第九コンサート実行委員会事務局長 藤田実さん

新潟第九コンサート実行委員会事務局長 藤田実さん
 1941(昭和16)年新潟市生まれ。幼少期より音楽に親しみ、学生時代、社会人と長年にわたり歌い手として、また「千の風音楽祭」等の音楽イベントの指揮にもあたっています。「新潟第九合唱団」ではメンバーとして歌うだけでなく、事務局長として「新潟第九コンサート」の開催に尽力されています。
 現在、「合唱団にいがた」顧問、「新潟県合唱連盟」副理事長、喫茶「マキ」「イタリア軒」「坂井輪公民館」等の歌声喫茶のリーダーとしてもご活躍されています。

 新潟の街に毎年第九の調べを届けてくれているのが「新潟第九合唱団」です。市民団体「新潟第九コンサート実行委員会」が毎年メンバーを募集し、「新潟第九合唱団」を結成。9月から毎週練習を重ね、12月の下旬にりゅーとぴあを会場に大合唱を響かせます。
 今年のメンバーは310人。うち初めての参加者が78人です。9月・10月は初心者練習の期間なので、第九を歌った経験がない人でもトレーナーの指導でどんどん歌えるようになり、10月末から始まる経験者との全員練習でも臆することなくハーモニーを重ねることが出来るようになります。
 事務局長の藤田さんにお話を伺ったところ「経験がなくても、きちんと練習に参加してもらえれば大丈夫。老若男女様々な人がいて、みなさん仲良く歌っていますね。第九は阿波踊りと同じで、『踊らにゃ損、損』ならぬ『歌わにゃ損、損』。本当に歌っていて楽しくなる曲です」とのこと。親子参加からOL、サラリーマン、シニア世代までメンバーは幅広い構成です。
 実際に練習を行っている県民会館小ホールに伺ったところ、パートごとに異なる音やリズムが重なり合い、耳に届いたのはアマチュアの人たちが短期間で習得したとは思えない程の美しいハーモニー。軽いストレッチから発声練習、そして合唱練習へ。楽譜にはそれぞれ書き込んだメモがあったり、団員同士教え合ったりしている様子に熱の入れ方は相当なものが感じられました。「つられないように歌うには、自分の声をしっかりと出すことが大切。回数を重ねるごとにメンバーはどんどん上達していきますね。今年はパート練習に力を入れていたためか、11月(※取材時)の段階で驚く程の仕上がりです。これは当日への期待が高まります」(藤田さん)
 今年の指揮者は、初めて新潟第九合唱団とタッグを組む伊藤翔氏。11月に行われた新潟交響楽団との公演も好評だった、今勢いのある若手指揮者です。ゲストソリストも初めての顔ぶれで、初めて見る人にはもちろん、長年のリピーターや音楽ファンにも新鮮な楽しさを届けるメンバーになっています。「『頑張って悔いのない第九を歌って新しい年を迎えよう』と言いながら、練習に励んでいます。300人が並んだ様子は壮観だし、これだけの人数の合唱を聴ける機会はなかなかありません。お客様と一緒に楽しみたいと思っておりますので、年末のお忙しい時期ですが、ぜひお越しください」(藤田さん)



次ページ → 広く、深く、楽しみ方がある第九の世界

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve