新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-89 想いを伝える自費出版

file-89 想いを伝える自費出版

  

豊かな風土が生み出す自由な発想

新潟県は自費出版の盛んな地

 南北に長く、長い海岸線や広大な田園、多くの森林と山々を有する新潟県。はっきりとした四季の移ろい、豊かな風土を背景に、各地で独特の文化が育まれ、多くの偉人を輩出し、さまざまな小説の舞台にもなっています。また、雪に閉ざされる新潟の冬。じっくりと思想や想像を膨らませる時間があったことから、斬新でユニークな考え方や文学が生み出されたという人もいます。
 このような土地柄が影響してか、新潟県は自費出版が比較的多いところだといわれています。自費出版で発行される本の特徴は、内容が多種多彩で、作者の「伝えたい」という想いがよりダイレクトに感じられることです。

 2010年、長岡の偉人・河井継之助の旅の記録を現代語訳で紹介する「現代語訳 塵壺(ちりつぼ) 河井継之助記 -蒼龍(そうりゅう)への熱き想い-」が、長岡市在住の竹村保(たけむらたもつ)さんによって自費出版されました。著書の中で竹村さんは、これまであまり語られることのなかった継之助の人間的な一面を想像力によって補い、激動の江戸末期を生きた継之助の考え方を独自の解釈で表現しています。竹村さんが同書で伝えたかった想いはどんなものだったのでしょうか。
 今回の特集前半では、同書を通して自費出版の魅力をお伝えします。

まずはここから。河井継之助ってどんな人?

 
長岡市郷土資料館

長岡市の悠久山公園にある城をかたどった「長岡市郷土史料館」。石垣の一部(定礎)には発掘された長岡城の石材が使用されている。館内には、河井継之助や小林虎三郎など、長岡の先人の史料を展示している。


河井継之助記念館の「風雲 蒼龍窟」

河井継之助記念館の「風雲 蒼龍窟」(峰村哲也作 河井継之助像)。多くの書物や研究を通し、継之助の評価も変わりつつある。

 言わずもがな、河井継之助は長岡藩の家老を務めた幕末の武士です。
 意思が強く負けず嫌い、そして勉強熱心だった継之助は、江戸や西国へ遊学に出向き、そこで得た知識や経験を生かして藩政改革に尽力しました。
 明治維新、迫る新政府軍に対して武装中立を貫こうとした継之助ですが、その意を伝えた会談は決裂。長岡藩は戦いを余儀なくされ、継之助自身も藩政改革の志半ばで敵方の銃弾に倒れます。
 その人生は作家・司馬遼太郎(しばりょうたろう)の名作「峠」にも描かれました。ベストセラーとなったこの作品をきっかけに、越後の小さな藩の家老だった河井継之助の知名度は、実に全国区となったのです。

 ちなみに西国への遊学の目的は、備中松山藩(現在の岡山県にあった藩)の儒学者であり、藩財政を立て直したとされる山田方谷(やまだほうこく)の教えを請うためでした。その際の覚え書きをまとめたものが、唯一の著書といわれる「塵壺(ちりつぼ)」。松山にとどまらず、長崎にも足を伸ばして見聞を広めた旅において、継之助は何を学び、それをどのように長岡藩の藩政に生かしたのでしょうか。そして、ところどころに垣間見えるちょっぴり意外な人物像とは?

   

次ページ → 幕末の藩士・河井継之助への想い

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve