新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

  • 文字サイズ
  • 標準

新潟文化物語HOME>> 新潟文化物語ブログ(お知らせ)>> 新潟県立自然科学館でチームラボアイランドを体験!(その1)

新潟県立自然科学館でチームラボアイランドを体験!(その1)

  • 投稿日: 2015年8月12日

ちらし 新潟県立自然科学館では、8月23日(日)まで夏の特別展「チームラボアイランド-学ぶ!未来の遊園地-」が開催中です!今回は実際に体験してきました(^o^)/

 チームラボは、2001年東京大学大学院の学生が中心となって創業したウルトラテクノロジスト集団で、鑑賞するだけのアートではなく、デジタル技術により体験できるデジタルアートを提供するいま話題の集団です!

 今回の特別展では、「お絵かき水族館」、「光のボールでオーケストラ」、「天才ケンケンパ」、「まだかみさまがいたるところにいたころのものがたり」、「小人が住まうテーブル」の5点が展示されています。

 

 まずは、「天才ケンケンパ」から体験してみました(^O^)

けんけんぱ 目の前に浮かぶ○△□の上を、ケンケンパをしながら進みます。うまく乗ると音が出て、床の映像は美しくなります。ちなみに同じ形や色など、関連性のある○△□に連続して飛び乗ると、さらに美しくなるそうです。それを知らずに進みましたが、自分が動くことで変化していく床を進むのは不思議だけれど楽しい感覚でした(^^)

 

  次に体験したのは、「まだかみさまがいたるところにいたころのものがたり」。

かみさま1
 中に入ると、大きなスクリーンに映像が映し出されているコーナーがありました。
 上から象形文字が降ってきて、それにタッチするとその文字がもつ世界が表れ、物語を創っていくというものです。

 

 

 上から降ってきた象形文字に触れると・・・

ぞう 文字 

 大きなゾウが飛び出してきました~\(^o^)/

ぞう 映像

 この作品はただ象形文字から映像に変わるだけでなく、それぞれの文字が相互作用を持っています。例えば山をタッチした後に火をタッチすると山火事が起こってしまいますが、その後に水をタッチすれば火を消すことができます。

かみさま2 かみさま3

 

 

 

 

 複数の人数で触ることで、一緒に物語を創り上げることができる展示で、意外と奥が深く、考えさせられる作品でした。子どもの創造力を養うのにぴったりですね♪

 残りの展示作品については、また後日このブログでご紹介したいと思います!


■□■「夏の特別展 チームラボアイランド-学ぶ!未来の遊園地-」■□■
■開催期間:~8月23日(日)※終了しました。
■開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)
■休 館 日:会期中はなし
■特別展入場料:小・中学生/3歳以上の未就学児600円、大人900円
       ※別途入館料が必要:小・中学生100円、大人570円、未就学児無料
■会  場:新潟県立自然科学館
■お問合せ:新潟県立自然科学館 025-283-3331


★詳細は、こちらをご覧ください。(自然科学館ホームページにリンクします)↓ 
http://www.sciencemuseum.jp/niigata/

新潟文化物語ブログ一覧へ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve