さといも

きめ細かな白肌と独特のぬめりで人気の「帛乙女」(きぬおとめ)。
五泉では、昔から各農家で自家野菜として、さといもを栽培してきました。
昭和45年、稲作の減反政策などを受け、本格的な栽培に取り組み始めました。その後、生産者の長年にわたる品種改良、種芋維持の努力によって、品質を確立してきました。
そして、昭和62年には県内で唯一『国の指定産地』を受け、生産量も県下一となっています。
五泉のさといもは、大和早生(やまとわせ)という丸芋系品種で、およそ20年余りにおよぶ品種改良を組み入れた栽培を経て、優良品質を作り上げてきました。
肌が白くきめ細かで、食べるとまろやかなぬめりのある食感を持っています。他の産地とは比べものにならないほどと、生産者も自負する逸品です。
また、阿賀野川が運んできた肥よくな土壌も、おいしいさといもを育てるのに重要な役割を担っています。
五泉のさといもの特徴である白さと細かさを、日本三大白生地産地である地元五泉産の『絹織物』の帛にたとえ、乙女のような愛らしさで、人々に親しんでもらえるようにと名付けられたものです。

出典:『五泉市ホームページ』
提供元:五泉市農林課

画像提供元:五泉市農林課

所在地

五泉市

アクセスマップ

投稿者: 新潟県文化課
掲載日時: 2015年4月1日 00:04

一覧へ戻る