新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-87 ヒスイと世界ジオパーク

file-87 ヒスイと世界ジオパーク~奴奈川姫伝説と地球の営み~

  

奴奈川姫伝説と地球の営み

糸魚川に伝わる、奴奈川姫の伝説

  母子像

糸魚川市大町の「海望公園」にある奴奈川姫と建御名方命の母子像。


奴奈川姫の産所

自然崇拝の色合いも濃い「奴奈川姫の産所」。ジオパークには奴奈川姫関連の伝承地も数多く残っている。


旧青海町の鍾乳洞「福来口」

旧青海町の鍾乳洞「福来口」は、奴奈川姫のすみかだったという伝承が残る。

 新潟県の最西端に位置する糸魚川市は、ヒスイの産地、奴奈川姫の伝説、世界ジオパーク認定の地として知られています。

 近年、市内の遺跡発見などにともない、県内外で徐々に注目が集まっている「奴奈川姫(ぬなかわひめ)」の伝説。神話の時代、ヒスイを用いて祭祀(さいし)を行い、高志(越)の国の一部、現在の新潟県南西部(旧西頸城郡)を治めたとされる女王で、古事記では出雲の大国主命(おおくにぬしのみこと)と結ばれ、一説には建御名方命(たけみなかたのみこと)を産んだ母神とも伝わっています。高志の国の実像、出雲や大和の国とどのような関係であったのかを含めて、仮説の域を出ないのが現状です。

 糸魚川の人々にとって、奴奈川姫は特別な存在です。市内には「奴奈川姫の産所」など奴奈川姫にまつわる伝承地も数多く、式内社(しきないしゃ)である「奴奈川神社」にも、奴奈川姫と八千矛命(やちほこのみこと=大国主命)がともに祀られています。市内各地には奴奈川姫にちなんだ地名とともに、下記のような逸話も数多く伝わっています。

逸話その1
・奴奈川姫の遺跡/青海町黒姫山の東麓に「福来口(ふくがくち)」という大鍾乳洞がある。ここに大昔、奴奈川姫が住んでおり、機(はた)を織っては、洞穴から流れ出る川でその布をさらした。それでこの川を「布川(ぬのかわ)」という。
逸話その2
・宮地/能生谷村大字柵口(ませぐち)の権現(ごんげん)岳は、奴奈川姫の旧跡で、今の宮地は、大国主命の住まれた所だという。
(糸魚川市HP・文化振興課「奴奈川姫の伝説」より一部を抜粋)

 このように奴奈川姫の伝承は、糸魚川に深く根付いています。
 特集の前半では、『ヒスイと奴奈川姫はどのように関係するのか』、『奴奈川 姫は実在したのか』をテーマに、考察してみます。


奴奈川姫とヒスイの関係

ヒスイ海岸
ヒスイ海岸

今も原石が見つかる「ヒスイ海岸」。古代の人々もここで原石を得ていた。


糸魚川市教育委員会 文化振興課の木島勉さん

糸魚川市教育委員会 文化振興課の木島勉さん。
糸魚川で発見された数々の遺跡発掘に関わる。縁あって糸魚川の地に腰を落ち着けたのは「奴奈川姫に呼ばれたのでしょう」と笑顔で話す。


ヒスイの硬玉

糸魚川でしか採れないヒスイの硬玉。村単位で組織的に加工を行っていた。
(長者ケ原考古館)


ヒスイの大珠

ヒスイの大珠(上)に開けられた滑らかな穴。当時の加工技術の高さをうかがわせる。(長者ケ原考古館)

 奴奈川姫とヒスイの関係は伝説を語る上で重要です。糸魚川は古くからヒスイの産地として知られています。ヒスイの加工は約5,000年前から始まったとされ、硬玉を使った加工では世界最古の歴史を誇ります。ヒスイの玉は祭祀に用いられたり、権力者への贈り物として使われたり、諸国との交易にも利用されていました。遠く縄文時代から続いた糸魚川のヒスイ加工の歴史は、一度は歴史から姿を消すことになりますが、近年までその理由は謎に包まれていました。

 糸魚川市教育委員会・文化振興課の木島さんに、ヒスイ文化と奴奈川姫伝説について伺いました。
 「奴奈川姫がいたという確実な証拠はありません。ただ、奴奈川姫をはじめとする古事記の内容は、大昔にあった出来事を神話になぞらえて伝えているのではないかというのが、研究者のおおかたの見方になってきています。以前、糸魚川市と旧青海町が共同で開催した『翡翠と日本文化を考えるシンポジウム』では、出雲の国と高志の国の政治的な関係がうかがえ、高志に与えた影響は定かでないが、間違いなく越中(富山県)まで出雲の文化は来ていたというのが、専門家の総括でした」とのこと。

 
 大国主命が治める出雲の国は、日本海側の多くの国と交流があり、いずれも交通の要衝でした。島根県(当時の出雲)には『古志』という地名もあり、高志の国から来た人々が治水を行ったという話も伝わっています。出雲と高志の国に密接な交流があったとすると、弥生時代末期から古墳時代中期まで、両者の関係とはまさに『玉つくり』の関係といえます。出雲から発見される ヒスイ玉の大半は、その頃糸魚川だけで採れた硬玉なのです。

 古代の人々、出雲の国にとって力を示す祭祀に欠かせなかった玉、高志のヒスイの玉つくり。玉の中でも、ヒスイの玉は特に貴重で重要視されていました。当時大きな勢力を誇った出雲の国が、ヒスイを求めて高志の国まで手を伸ばしたのは想像に難くありません。

 「玉と剣と鏡は権力の象徴です。ヒスイの玉を地方(高志の国)で造られては困ると、出雲から権力を奪った大和の国が奈良(曽我)で玉つくりを始めたのが5 世紀末頃。ここで糸魚川でのヒスイ加工の歴史は一旦途切れることとなるのです」(木島さん)。このことから、近代まで糸魚川のヒスイが歴史の表舞台から消えた理由もうなずけます。
 糸魚川がヒスイの産地であるという再発見は、昭和13 年(1938)のこと。文人・相馬御風(そうまぎょふう)の奴奈川姫に関する発想が発端となり、発見につながったとされて います。奈良時代以降、実に1,000 年以上の時を経ていました。

 

伝説の美女・奴奈川姫は実在したのか

奴奈川姫像

糸魚川駅前にある玉を持った奴奈川姫像。願い事をし ながら握手するとかなうといわれている。


郷土史家の土田孝雄さん

郷土史家の土田孝雄さん。高校教諭として糸魚川に赴 任してから、遺跡発掘調査に参加。塩の道やヒスイ文化、奴奈川姫関連の著書が多数ある。「古事記にある通り、奴奈川姫は大国主命を魅了した美しい方だったのでしょう」と話す。


天津神社・奴奈川神社

奴奈川姫の神像が伝わる天津神社・奴奈川神社(手前は天津神社の拝殿で、左奥が奴奈川神社)。


 それでは、市内各所で像にもなっている奴奈川姫のイメージや伝説はどこからきたのでしょう。
 「いつの頃からかは分かりませんが、古墳時代の女性の装束に、糸魚川を象徴するヒスイの首飾りを着けた姿が、自然と奴奈川姫のイメージとなったのでしょう」(木島さん)。北陸新幹線の工事の際に多くの遺跡が見つかり、考古学的な調査が行われました。弥生から平安時代にまたがる16 の遺跡が発見され、工房をはじめとする玉つくりの遺物も数多く出土したことから、集団で組織的に玉つくりを行っていたのは確かです。

 奴奈川姫研究の第一人者として知られる、郷土史家の土田孝雄さんは、ヒスイ加工を行う『奴奈川族』の存在を確信しており、「『奴奈川族』というヒスイの玉つくりを行う一族が糸魚川を舞台に活躍したなら、その族の長(おさ)、王や女王が存在するのは当然で、それが奴奈川姫なのでしょう」と語ります。
 天津(あまつ)神社・奴奈川神社には奴奈川姫神像があり、県の文化財に指定されています。平安後期の作品ですが、この時代の女神像はきわめて珍しく、奴奈川姫への信仰が古くから続いている事をうかがわせます。

 古代の人々の玉に関する考え方や『祟り』が古事記に色濃く反映され、それが奴奈川姫の存在を裏付けることにつながると、土田さんは考えます。
 「大和が全国を支配する中で、出雲の国は一番手強い、祭祀王国だったわけです。ただ単に制圧してしまうと祟られるかもしれないと考えたのでしょう。武力で征服するだけでなく、『玉』を征服することが重要だったと思います」とのこと。

 古代の日本人の精神の中で、特に重要な要素である「祟り」。大和は出雲を支配下に置きましたが、祟りを恐れて慎重になったのではないのでしょうか。玉=魂であり、玉つくりの技術やその一族を征服するというのは、民族や国の精神的な支柱を奪うこと、完全な征服にもつながります。
 古事記において大国主命の神話が多く語られ、奴奈川姫と大国主命の歌(神 語歌・かみがたりうた)が数ある歌の中でも最長であることからも、大和の 国が出雲や高志の国をいかに重要視していたかを表していると土田さんは考 えます。
 「大和の国が残した古事記では、奴奈川姫に『賢し目(さかしめ)』、『麗し女(くわしめ)』と最高の賛辞を与えています。賢く美しい奴奈川姫の霊力、シャーマン的な力を古事記に記すことで、大和が高志の国を支配した意味、玉を支配した意味を強調していると思います」とのこと。

 古代の糸魚川を治めた奴奈川族とその長である奴奈川姫。そう考えれば奴奈川姫の存在は現実味を帯びます。奴奈川姫と大国主命との結婚が出雲と高志の国の関係を表し、出雲と高志の国を、政治・精神の両面で支配した大和の国。この大筋を神話として残したのが古事記というのが、研究者の間で一般的な考え方となってきています。糸魚川の各地に伝わる伝承も、古事記をもとにさまざまに広がったものと考えられるでしょう。



次ページ → ヒスイ文化を生み出した糸魚川のジオパーク

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve