新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

  • 文字サイズ
  • 標準

新潟の音楽家たち

  • 投稿日: 2014年11月20日

 新潟県の音楽界の発展とレベル向上を目的に、毎年開催されている「新潟県音楽コンクール」。
 先日、新潟市中央区のだいしホールで行われた「2014年 第49回新潟県音楽コンクール受賞者コンサート」に行ってきました。

音コン
 このコンサートは、その年のコンクールで各部門(ピアノ・弦楽・管楽・声楽)の最高位受賞者が出演するコンサートです。
 今回は、ピアノ部門から相原一智さんと土屋光さん、弦楽部門(ヴァイオリン)から斎京法子さん、管楽部門(フルート)から渡辺梨乃さん、声楽部門(ソプラノ)から山崎由佳さんが出演されました。

 なかでも私がいちばん印象的に残ったのは、ヴァイオリンの斎京さん(小学校6年生)の演奏でした。
 ヴィターリ作曲の「シャコンヌ」、クライスラー作曲の「プニャーニの様式によるテンポディメヌエット」、サラサーテ作曲の「序奏とタランティラ」の3曲で、どれも斎京さんが大好きな曲とのことです。ちなみに、私はこの3曲についてどういう曲なのかまったく知りませんでした・・・

 斎京さんはスピーディーで体をダイナミックに使って演奏し、小学生でこんなにすごい演奏ができるのかと非常に驚きました!演奏後のインタビューでは、練習やコンクールの際には、大好きな“かえる”のぬいぐるみを持って行くなどお茶目な面もみられました。まだ小学生ということなので、今後の活躍が期待されます。

新潟文化物語ブログ一覧へ

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve