新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-14「映画で再発見する新潟の風景」

file-14「映画で再発見する新潟の風景」



映画になった新潟の風景

瓢湖

1993年「高校教師」(真田広之・桜井幸子ほか)、2003年「高校教師」(藤木直人・上戸彩ほか)でロケが行われた阿賀野市の瓢湖。他にも2003年「はみだし刑事情熱系」(柴田恭兵・田中美奈子ほか)でロケが行われた。


吊り橋

2006年公開の「ゆれる」(オダギリジョー・香川照之ほか)で象徴的な意味を持って使われた見倉橋(津南町)

 新潟県内を舞台に撮影された映画は、佐渡市で撮影された「君の名は」(1953年公開、主演:岸恵子)から数えて既に100作を超えています。その半数近くが2000年以降の撮影で、新潟ロケは近年増加しています。2008年の今年は、NHK大河ドラマ「天地人」の主演直江兼続役にも決まっている妻夫木聡さん主演の「感染列島(2009年公開予定)、ハリウッド映画でリチャード・ギア主演の「忠犬ハチ公物語」(2009年公開予定)、新潟が舞台になっている「降りてゆく生き方」(2009年公開予定)が既に撮影されています。また、妻夫木さん主演の日韓合作映画「ボート」(2009年公開予定)もこのほど新潟で撮影が始まりました。現在映画とテレビドラマ、バラエティーやコマーシャル、プロモーションビデオを含めると、毎月10本ほどの撮影がどこかで行われているのです。

 多くの映画ロケが行われている割に気づくことが少ないのは、物語では別の地域の設定であるものを撮影しているためかも知れません。例えば「突入せよ!あさま山荘事件」(2002年公開)の舞台は長野県ですが、クライマックスのロケは上越市板倉区、「頭文字D」(2005年公開)の舞台は群馬県ですが県内各地でロケを行っています。「ミッドナイトイーグル」(2007年公開)の設定は北アルプスで、「蝉しぐれ」(2005年公開)は山形県です。いずれも舞台設定は県外ですが、新潟県内でロケが行われています。

 また、見てすぐに新潟と分かる景色が含まれていないケースもあります。たとえば新潟空港内(「忠犬ハチ公物語」「クライマーズ・ハイ」(2008年公開))など、屋内のみで撮影されている場合です。「感染列島」のロケは新潟市の旧市民病院内。この撮影は、移転した後の旧施設がたまたま手つかずで残っていたという偶然のタイミングでロケ地に決まったそうですが、新潟空港の場合は空港側がロケ誘致に積極的に協力してくれることが大きな要因になっています。

 ロケ地としての新潟の利点は、なんといっても首都圏から短時間で目的の風景に出会えるところ。限られた予算で大勢のスタッフと機材が移動する撮影は、移動距離が短いほどお金も時間も節約できます。冬、雪が降れば「北海道に化けられる」(新潟県フィルムコミッション協議会)と言うように、新潟の雪景色は多くの映画やドラマに登場しているのです。また、前述の新潟空港のように、他の地域にもあるけれど撮影に積極的に協力してくれる施設があるというのも、大きな利点です。映画関係者の横のつながりで「空港を撮るなら新潟という情報が定着しつつある」(同)というように、ひとつの撮影が次の撮影を呼ぶという効果もあるのです。


投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve