新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-38 伝統芸能を次世代につなぐ島「佐渡」~佐渡の伝統芸能と学校教育

file-38 伝統芸能を次世代につなぐ島「佐渡」~佐渡の伝統芸能と学校教育

佐渡の伝統芸能と学校教育

能舞台

世阿弥によって大成した能。佐渡の人々にとって、能は「観るもの」だけでなく「やるもの」。


文弥人形

文弥人形、のろま人形など、佐渡では人形劇も有名。


鬼太鼓

佐渡各地の祭事には欠かせない鬼太鼓。地域や世代によって、振り付けや太鼓のリズムが違うという。


歌舞伎

片野尾では歌舞伎も盛んに演じられている。


真野中学校文化祭

真野中学校文化祭「総合郷土」の発表会で演じられた鷺流狂言。年間15時間の学習時間の成果を披露する。


 能の大成者・世阿弥が佐渡へ流されてから500年余り。能楽師出身の佐渡奉行・大久保石見守長安が能楽を奨励したことも大きく影響し、現在佐渡には日本国内にある能舞台の約1/3が集中している。その数およそ30か所。能舞台の多くは神社に建てられていることからも、人々から神事としても尊ばれていたと同時に、人々の身近にいつでもあり、みんなで守り継いでいく存在だったことは想像に難くないだろう。佐渡の能は人々の娯楽として愛されてきただけでなく、自らが演じ、守り抜いてきたということが、最大の特徴とも言える。

 佐渡の郷土芸能と言えば人形芝居も有名だが、その中でも江戸の趣を感じさせる文弥人形を真っ先に思い浮かべる人も多いだろう。最盛期には40数座が存在したと言われ、元々は、新穂の須田五郎左衛門が京都から持ち帰った説教語りの人形を、演技しやすいように改良したものが用いられたそうだ。17世紀に全国的に流行した「文弥節」に合わせて演じる文弥人形は、佐渡の島民に広く親しまれていたが、大正時代末期ころから徐々に後継者が減っていったという。これを受け、30数年前に佐渡人形芝居保存後援会が設立されることとなり、国の重要無形民俗文化財に指定されたという歴史がある。

 鬼太鼓も、佐渡にしかない独特の文化といえよう。相川で発生したといわれる鬼太鼓は、島内各地に受け継がれ、地域や世代によってリズムや鬼の舞い方、太鼓のたたき方が微妙に違っている。現在では100を超える保存会によって受け継がれており、各地のお祭りに登場し、その年の豊作や大漁、家内安全を祈りながら、家々の厄を払うために行われる。佐渡の祭りが「門付け芸」と言って、一軒一軒の家を周るのは、これが所以である。

 また片野尾では歌舞伎も盛んだ。役者が来島した際に伝えられ、この地でひっそりと受け継がれてきたと言われる片野尾の歌舞伎は、2年ごとに公演が開催されており、1981年から子どもによる公演を行っている。ここでの特徴も、プロの演ずる有料公演ではなく、ムラの人々によって受け継がれてきた無料の出し物であるということ。

 片野尾小学校では2002年7月に「白浪クラブ」が発足し、お年寄りや地域の大人に練習した演目を披露してきたという。演ずるものにとっても、観るものにとっても、もはや単なる娯楽としてではなく、地域の世代間交流を深める重要な位置づけになっているのではないだろうか。

 いかに佐渡では、多種多様な芸能が人々の身近に存在し、人々の手によって受け継がれ、愛されてきたかがわかるだろう。

 多様な郷土芸能が存在する佐渡島の小中学校では、総合学習の時間に「佐渡学」を学んでいる。1998年からの学習指導要領において、総合的な学習の時間が創設され、各学校の創意を生かした特色ある教育活動が期待されており、地域素材を有効に教材化しながら、学習を進めていくことを目標に、自然・歴史・文化など実に多岐に渡ったカリキュラムを展開している。特に伝統芸能では佐渡にしかない文弥人形や鷺流狂言、鬼太鼓などを扱う学校が多く、貴重な後継者育成の場となっている。

 その取り組みは全国にも注目されつつあり、佐渡の真野中学校・小倉小学校の2校が、国立教育政策研究所「我が国の伝統文化を尊重する教育に関する実践モデル事業」のモデル校として選定されたという実績も持っているほど。

 真野中学校では現在、総合学習の時間を「総合郷土」と称して、鷺流狂言、文弥人形、和太鼓などに取り組んでいる。特に鷺流狂言は全国でも、山口県、佐賀県と佐渡の真野にしか伝承されていないとされるほど、非常に貴重な郷土芸能とされている。

 狂言には、鷺流の他に大蔵流、和泉流があり、江戸時代まではこの2つの流派と並ぶ狂言の3大流派の1つとされていたが、明治以降は衰退の一途を辿ることとなった。しかし1979年に鷺流狂言が真野に伝承することが専門家によって確認されたことを受けて、佐渡の鷺流狂言は宗家鷺流家元の直系を受け継ぐ狂言として一躍脚光を浴びることとなった。

 教育委員会から中学校への働きかけもあり、2年後の1981年度から2人の講師を招き、中学校に鷺流狂言クラブを発足させ、活動を始めることになった。2001年度に必修クラブの活動自体が鷺流狂言クラブも含めて廃止となってしまったが、地域の人々や狂言を学んでいた生徒たちから、「郷土の伝統芸能を消さないでほしい」との強い要望があり、総合学習の時間に組み込むことが検討され、「総合郷土」の一分野として存続することが決定した。現在に至るまで、毎年文化祭では生徒の手による演目が発表されている。

 また学校全体で鬼太鼓の稽古に励む小倉小学校では、1974年から実践を継続しており、今年2010年で37年目となる。もともとは中学年の文化祭での発表項目であったが、非常に好評であったため、学校の職員、保護者、地域の指導者が一体となって、次年度から継続して指導に当たることとなった。現在は全校児童13人で鬼太鼓の練習に励んでいる。練習の成果を小倉例祭や文化祭などで披露しており、国内だけでなく海外からのメディアからも多く取材を受けてきた。長きに渡るこうした継続した取組からは、学校は地域文化継承に関しても、重要な役割を果たしていることがわかる。


次ページ → 伝える人びと~郷土芸能の魅力を伝える大人の想い~

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve