塩谷鹽竈神社

承安3(1173)年、平安時代に塩谷字古屋敷(現在の松和町)の地に創建。

慶長2(1597)年に本庄出羽守(ほんじょうでわのかみ)家長とその父・重長の病気平癒、武運長久と繁栄を祈願し、社殿を再建したと伝えられています。
享保16(1731)年には境内地の狭隘化(きょうあいか)により、現在地に奉遷されました。現社殿は明治11(1878)年に再建されたもので、昭和18(1943)年に拝殿および幣殿が改築されました。

主祭神は塩土老翁命(しおつちおじのみこと)、合殿は天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)、水波売命(みずはのめのみこと)を祭っています。

明治初期より御神輿巡幸開始し、現在においても毎年9月20日に祭礼を平安時代より引き継いで行っています。

所在地

村上市塩谷1194

アクセスマップ

投稿者: 塩谷神輿保存会
掲載日時: 2021年7月18日 14:49

一覧へ戻る