天朝山公園(県政発祥の地)

美しい緑に人々が憩うこの公園は、世が大凶作に苦しんだ天保7年(1836年)、越後の豪農市島徳次郎が難民救済事業として別邸宅を築いた場所。邸宅は戦火で焼失しましたが、明治新政府により越後府(後に水原県と改称)が置かれ、わずかな期間でしたが、重要な新潟県政発祥の地です。
現在は、市内の数少ない公園として、子どもたちやお年寄りの憩いの場となっています。

出典:
『阿賀野市ホームページ』
提供元:阿賀野市 商工観光課

所在地

阿賀野市中央町2-1262-1

アクセスマップ

投稿者: 新潟県文化課
掲載日時: 2015年3月31日 02:18

一覧へ戻る