新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-27 新潟のおいしいお米 「県立図書館おすすめ関連書籍」

file-27 新潟のおいしいお米 「県立図書館おすすめ関連書籍」


県立図書館おすすめ関連書籍

県立図書館おすすめ『新潟のおいしいお米』関連書籍

 こちらでご紹介した作品は、新潟県立図書館で読むことができます。貸し出しも可能です。
また、特集記事内でご紹介している本も所蔵していますので、ぜひ県立図書館へ足をお運びください。

ご不明の点がありましたら、こちらへお問い合わせください。
(025)284-6001(代表)
(025)284-6824(貸出延長・調査相談)
新潟県立図書館 http://www.pref-lib.niigata.niigata.jp/


▷『コシヒカリ物語 日本一うまい米の誕生(中公新書)』

(酒井義昭/著 中央公論社 1997 郷貸616-Sa29)
 全国で最も有名なブランド米コシヒカリ。その誕生から、数奇な運命をたどりながら、遂には全国制覇にいたるまでの「おいしさ」の秘密を、ジャーナリストである著者がスリリングに解き明かします。


▷『新潟の米ものがたり』

(諸橋準之助/編著 新潟日報事業社 1996 郷貸616-Mo75)
 新潟県の代名詞といっていい新潟産の米について、その歴史、加工と料理、農業の直面している課題など、多角的な視点から分かりやすくとらえています。著者は元新潟県農業試験場長で、稲作の研究の長年たずさわったその道の専門家です。


▷『Q&Aご飯とお米の全疑問 お米屋さん知りたかったその正体(BLUE BACKS)』

(高橋素子/著,大坪研一/監修 講談社 2004 Y616-Ta33)
 「炊きたてご飯の香りのもとは?」「切り餅は、なぜ焼くと軟らかくなるの?」「めでたい日や特別な日には、なぜ赤飯を食べるの?」。あなたはこれらの疑問に答えられますか?本書では、ご飯やお米に関する素朴でありながら鋭い質問に、多角的な観点からわかりやすく答えています。


▷『イネの歴史』

(佐藤洋一郎/著 京都大学学術出版会 2008 616-Sa85)
 「稲作の歴史」や「稲の文化史」といった本は数々あれど、本書はそれらとは一線を画します。なにしろ第1章「農業以前の稲」が「草の台頭は新生代」「草の戦略」などと始まる、タイトルに似合わぬ理系の面白さのある一冊なのです。


▷『日本一おいしい米の秘密』

(大坪研一,食味研究会/著 講談社 2006 N616-O87)
 全国の「ブランド米」のガイドブックといった趣の一冊。「食味追求」の世界の奥深さにちょっとビックリしますよ。


▷『日本のお米、日本のご飯』

(土井善晴/著 講談社 2009 596-D83)
 ご飯の研ぎ方や塩むすびの作り方が丁寧に写真つきで載っている、まさに「ご飯」の教科書です。土井善晴さんの握る「塩むすび」がとにかく美味しそう。


▷『ネパールムスタン物語 秘境に虹をかけた男』

(近藤亨/著 新潟日報事業者 2006 612-Ko73)
 ネパール国内でも秘境とされるムスタンで、一人、農業技術支援を行ってきた近藤亨さんの挑戦の記録。野菜や果樹の栽培に始まり、鯉やニジマスの養殖、そして世界一高地での稲作。その湧き出るような情熱には、ただただ驚嘆の一言です。



 

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve