新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-45 新潟の美味しい秋の味覚(後編)~福島潟を舞台に~自然と人間の共存の場で

file-45 新潟の美味しい秋の味覚(後編) ~福島潟を舞台に~自然と人間の共存の場で

福島潟を舞台に~自然と人間の共存の場で

 
福島潟の日の出

福島潟の日の出の様子。新潟市内にあるこれだけの大自然は貴重。


かたごはん目印のぼり

かたごはんの目印であるのぼり。


かたごはんメニュー例

地元で採れた季節の食材を使ったごはん。メニューは毎月変わる。


福島潟・朝の散策の様子

朝の散策の様子。晴れている日は特に気持ちがいい。

 220種類以上もの野鳥が訪れ、希少種をはじめとした450種類もの植物が生息する福島潟。「潟」と名のつく湖では、県内最大の面積を誇っている。訪れる季節によって、時間によって、さまざまな表情を見せ、自然と人間の営みを今に伝える大自然を有している。以前NPO法人ねっとわーく福島潟の理事を務めていた本間莉恵さんは、そんな福島潟の魅力をもっと多くの人に、身近に知ってもらいたいという想いから、「かたごはんの会」をはじめた。国の天然記念物の渡り鳥であるオオヒシクイの調査や、自然観察会などが行われていたが、どれも専門的で馴染みにくい。自然そのものも確かに価値はあるけれど、新潟市街からアクセスのよい場所に大自然があるということを体感し、人が自然と暮らしてきた昔ながらの生活感を肌で感じてもらいたい、という想いが強かったという。

 郷土食の会があったり、葦で和紙を作る人たちがいたり、バードカービング教室が開催されたり、さまざまな団体が福島潟を訪れている。かたごはんの会は、福島潟をその人にあったそれぞれの方法で使ってほしい、という理念を持っている。福島潟に出会い、福島潟を舞台に、訪れた人が何かを展開していけるような入口にしてほしい、という想いが込められている。

 福島潟の自然を満喫する朝の散策と、地元で採れた米や野菜を使った手作りごはんを食べるというシンプルなプログラム。より多くの人に、福島潟の魅力を知ってもらいたいと、気軽に参加してもらえるイベントを考えた結果である。ごはんを作るスタッフに特にメニューにこだわりがあるわけではないが、作りたいものを作った結果、地元の食材と季節のものを自然と使ったごはんになっているという。

 だが、ごはんを食べるということだけを目的としているわけではない。あくまでも福島潟を訪れるきっかけとして、朝の散策とごはんを食べるというプログラムを提供している。だからこそ、大人も子どもも気軽に参加でき、リピーターをも魅了し続ける会となっていると言える。




次ページ → それぞれの楽しみ方で~スタッフと参加者と地域の取組~

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve