新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-63 私たちの足跡~にいがたの自費出版~

file-63 私たちの足跡~にいがたの自費出版~

  

にいがたの自費出版事情

「新潟出版文化賞」12年の歩み

第6回入賞作品

平成21年に開催された「第6回新潟出版文化賞」の受賞作品。159点の応募の中から、14作品が選ばれた。

第7回表彰式

平成23年に開催された「第7回新潟出版文化賞」の表彰式の様子。受賞者のスピーチでは、執筆中のエピソードや作品への想いなどが語られた。

新井選考委員長

新井選考委員長。表彰式では、委員長自ら歌と朗読のプレゼントも。

 新潟県で、文芸の活性化や活字文化の振興を目的に、県民の手による優れた自費出版作品を顕彰する「新潟出版文化賞」が創設されたのは、平成11(1999)年のこと。以降、隔年で開催され、82点から始まった応募作品数は、近年では150点前後となっている。毎回、県下全域からの応募があり、郷土史、エッセイ、小説など様々な分野の作品が集まっている。
 第1回から選考委員長を務める新潟市出身の作家・新井満氏(*1)は、「地味で初版部数も少ない自費出版物を対象とした全国でも珍しい文学賞に、毎回これだけの応募があるのは、誇っていいこと。」と語っている。
 新潟は自費出版が盛んな土地柄なのだろうか。日本自費出版ネットワークによる2008年のデータ集計では、人口に対する自費出版の比率で、新潟県は全国のトップ10の中に入っている。全国を対象にした「日本自費出版文化賞」でも、過去15回の開催の中で、新潟県人による作品の受賞も何度かあり(2度の大賞受賞を含む)、奮闘している。地元の新聞では県人による自費出版の作品を紹介する記事も多く見られ、新潟県民の自費出版意欲は盛んのようだ。

(*1)新井 満(あらい まん)
新潟市生まれ。作家、作詞作曲家。
1998年『尋ね人の時間』で芥川賞を受賞。
「千の風になって」の訳詞・作曲でも知られている。   

地域での自費出版の可能性

イメージ

「書きたい」という想いが、文字を通して形になっていく。

 「個性的で特徴的。強い思い入れや、書きたいという切迫した想いが文面から迫って来て、各作品の印象が強い。」審査中に選考委員の口々から聞かれる言葉だ。
 利益を追求し、市場の好みに応じなくてはならず、画一化しがちな商業出版に対し、自費出版では、市場の動きとは別に、書き手が書きたいテーマを心ゆくまで徹底的に調べ、思うままに書く、ということが可能だ。書き手の個性が前面に出て来るので、作品は特徴的になり、書き手の個性を作り上げた濃い郷土性を見つけられるものもある。もちろん、テーマ自体が、全国区では光を当てられることのない地域の歴史や物語であることもある。自費出版ならではである。
 文字にし、出版物となることで、形を持たない文化や考え、歴史が形となり、次世代や、遠隔地にいる人にも渡し伝えることができるものとなる。商業出版の枠の外にあって、拾い上げられず消えてしまうかも知れない小さな地域の歴史や突出した個性を持つ表現などに形を与え、渡し伝えるものにしているのが地域の自費出版だとすると、それが地域の特性の伝承や多様性の維持に果たす役割は大きいと言える。



次ページ → 伝えたい想い・伝えたい歴史

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve