新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-66 にいがたの祭りと伝統芸能

file-66 にいがたの祭りと伝統芸能

  

祭りとともに育まれている伝統芸能。

伝統芸能は、世界に誇るジャパニーズアート。

能登剛史さん

能登剛史さん
秋田県出身。ニューヨーク留学の経験を経て2001年に「新潟総踊り実行委員会」を旗揚げし、2002年より「にいがた総おどり」を開催。祭開催期間3日間で36万人以上の動員を記録し、経済効果は35億円に。2011年フランスナント市に「Association Jeunesse France Japon」を開設。本格的な世界発信を目指す。2012年第6回安吾賞・新潟市特別賞受賞

 「日本は、各地域において伝わる盆おどりや民謡の数が多く、そのテーマも多彩かつ個性的です。海外の祭りと大きく違うのは、精神性の高い芸術であるということ。要するに、五穀豊穣(ごこくほうじょう)など“地域のため、誰かのために”維持・継承していくところが日本の祭りと伝統芸能の特徴」と話すのは、新潟総踊り総合プロデューサーである能登剛史(のと・たけし)さん。能登さんは、「古事記」や「日本書紀」をはじめ、数多くの文献からさまざまな祭りと伝統芸能についての知識を広げてきました。その中で、「日本各地にある伝統芸能は、古来の風習や考え方が“変ぼう”してきたものである」とポイントも挙げています。“変ぼう”の代表例が獅子舞。もとは中国から伝播(でんぱ)してきたもので、ライオンが原型だったそう。そのたてがみが一部残り、やがて布へ変化し、インドから唐草模様が伝わって現代の獅子舞のカタチが定着したそうです。「ですから伝統芸能は、時代の流れ、歴史そのものであるということが言えます。まさに日本史や世界史の末端に遭遇していると言っても過言ではありません」(能登さん)。
 日本の伝統芸能を「世界に誇るジャパニーズアート」と銘打つ能登さん。「地域の風土に根ざした昔ながらの文化をぜひ機会を通じて知って欲しい。また、日本人の精神を背負い、素晴らしい伝統芸能を受け継いでいってもらいたい」と話してくれました。
 それでは、新潟県内における伝統芸能の歴史や魅力、見どころをいくつかご紹介しましょう。

伝統の型と技で魅せる。 ~仮山伏の棒使い(妙高市)~

仮山伏の棒使い

今から約1300年前、当国第一の名山とされ崇められていた妙高山。かつて、山伏たちの信仰のより所であったこの場所で、今なお気迫にあふれた棒使いが受け継がれている。

 新潟県指定無形民俗文化財である「仮山伏の棒使い」は、妙高山関山神社の「火祭り」で行われる伝統芸能です。由緒ある神社を戦乱などから守るため、修行僧が自らの手で災いを追い払うために武術を身につけたのが棒使いのはじまりであるとされています。若者2人が一組になり、役抜けの役、火切りの役、火見の役、計3組(6人)が22通りの演武を披露します。長刀(なぎなた)、太刀(たち)、六尺棒などを操る息の合った棒使いは秀逸。静と動のバランスが美しい、迫力ある演武が魅力です。
 「陣羽織(じんばおり)」と呼ばれる刺しゅうを施した衣装、頭巾(ずきん)、はちまき、また太陽や炎、月などをモチーフとした鉄の飾りなどの装いにもご注目ください。これらはすべて当時の信仰の象徴であると言われている、大変意味深いものです。
 現在、演武者6名は、3年をめどに師匠となり、次の世代へ伝統的な演武を継承します。地域の祭りを通して老若、新旧の交流を深める役割もあり、常に新しい風を入れながら地域文化の活性化に力を注いでいます。  


江戸時代から伝承される踊り。 ~大積あめやおどり(長岡市)~

 長岡市大積地区に代々受け継がれている伝統芸能である「飴(あめ)や踊り」。地域の子どもたちから愛されている由縁は、この「飴」にあります。江戸時代から伝承すると言われているこの踊りは、「飴やドンコドンコ銭々(ぜんぜん)もってとんでこい…」とわらべうたにも歌われているように、当時から全国に飴を売りながら行商に出掛け、旅先で歌と踊りを舞いながら子どもたちを集めたものが起源となっているようです。割り箸に通した飴を渡して紙芝居を見せた時代を経て、やがて農作業の要素が加味され、「もみどおし」と呼ばれる農作業機をモチーフとした今の踊りに定着しました。
 地域の神楽舞などで披露する際には、手ぬぐいやタオルを頭に巻いて踊る姿が印象的です。笛・鐘・太鼓などの楽器に合わせて、前後2人で組みになり向き合って踊る「組みおくさ」というアレンジも見どころのひとつ。また、おめでたい歌や哀愁漂う歌など、異なる曲調を楽しむこともできます。中でも「八百屋・お七」という曲は、江戸時代に好きな男性に会いたいがため、自宅に火をつけ、罪に問われた女性の物語が歌われています。江戸時代の子どもたちの喜びや女性の悲しみ、昔の越後人の生活の中のさまざまな感情まで、踊りや曲、歌詞の中に見て取れるような気がします。

あめや踊り
大積1丁目地区の小中学校などで親しまれ、練習されてきたという「飴や踊り」。敬老会や保存会の力添えにより、子どもたちは昔ながらの姿(衣装)で今に踊りを伝えている。  

笛と太鼓に合わせてリズミカルに。 ~つぶろさし(佐渡市)~

 6月15日の菅原神社の例祭に奉納される舞楽である、新潟県指定無形民俗文化財。「寺田の太神楽(だいかぐら)」とも呼ばれ、佐渡市(旧羽茂町)寺田集落において約500年前から創始の型のまま保存されて来ている郷土芸能です。
 時の地頭、本間家に仕えた茶坊主「葛西三四郎(かさい・さんしろう)」が、茶道研究のために京へ向かった際、佐渡市(旧羽茂町)へ伝えたものと言われており、やがて豊作祈願の神事として奉納されるようになりました。
 性=生産を表現する舞踊であることが大きな特徴。「つぶろさし」とは、男性の役どころの名前で、男根を股に挟んで滑稽(こっけい)に乱舞する姿が印象的です。この男性に入り乱れて二人の女性(ささらすり、銭太鼓)が妖艶(ようえん)なしぐさでグロテスクな踊りを披露します。
 つぶろさしは、ささらすりに想いを寄せるも、二人の仲をさこうとする醜女(しこめ)=銭太鼓にたびたびじゃまをされる…というストーリー展開が中心。3役ともに面をつけ(銭太鼓は麻袋による覆面)、着物や持ち物、しぐさで役どころを表現する演舞からは、なんとも大らかな中世時代の様子が垣間見えるようです。またリズミカルな踊りの中にも、男女の想いや迷いといった人生の機微が描かれ、今も昔も変わらない人々の深い願いが込められています。  

つぶろさし
 絶倫なる男性を象徴する「つぶろさし」(中央)と、美人の女性を演じる「ささらすり」(右)、不美人ながらも肉体美を強調する覆面顔の「銭太鼓」(左)の演者三態にて表現する芸術。



次ページ → 地域の祭りで、歴史と文化を体感しよう!

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve