新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

特集

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 特集>>
  3. file-79 解剖学のパイオニア 小金井良精

file-79 解剖学のパイオニア 小金井良精

  

長岡生まれの解剖学者、小金井良精の生い立ち

長岡藩士の家に生まれる

 小金井良精(こがねいよしきよ)は、明治から昭和にかけて活躍した解剖学者・人類学者です。安政5(1858)年、長岡藩士小金井儀兵衛良達(よしみち)を父とし、同じく長岡藩士で「米百俵」の故事で有名な小林虎三郎の妹・幸(ゆき)を母として、長岡城下今朝白(けさじろ)に生まれました。当時、小金井家の家禄は百五十石。良達は御勘定組頭兼郡奉行を務めていましたが、やがて慶応4(1868)年、戊辰戦争がはじまります。

上京、医学の道へ…

 
  学生時代の小金井良精

大学東校の学生時代。13歳で入学し、首席で卒業するなど、その秀才ぶりは目をみはるものがあります。

 戊辰戦争の戦禍を避けて、幼い良精は母に連れられて八十里越えをし、長岡から仙台まで落ち延びます。長岡の町は焼け野原となり、小金井家も家屋敷等を失いました。次男であった良精は、戦後、旧長岡藩士秋田家に養子に入り、明治3(1870)年、秋田家の家族とともに上京します。
 上京後、役人を志して英語を学ぶために入学した学校を、すぐに退学になります。薩長優先の時代背景が影響していたのかもしれません。良精は悩みますが、医学の道へ進むことを決め、あらためて大学東校(東京大学医学部の前身)に入学します。この時「医学こそ、世の中がどう変わっても決して揺らぐことのない学問である」と強く助言し、導いたのは、伯父である小林虎三郎でした。当時、大学の教授のほとんどがドイツ人、医学の授業はすべてドイツ語でした。そんな未知の環境の中で、良精は熱心に学び、大学東校を首席で卒業するのです。     





故郷・長岡への想い

 
    桜井菜穂子さん  

文書資料室の嘱託員となって8年目の桜井奈穂子さん。「小金井良精資料」の中にあった約500枚もの蔵書票を見つけたことがきっかけで、良精について学び始めたといいます。今では、良精を語るには欠かせない人物のひとりです。

 

 良精についての研修会講師などもつとめる長岡市立中央図書館文書資料室嘱託員・長岡郷土史研究会会員の桜井奈穂子さんは「長岡を離れ、中央で活躍するようになっても、片時も故郷を忘れたことはなかったようです」といいます。「ひとつのエピソードとして、彼の名前についてお話しましょう。実は「良精」という名前は、医学の道へ進むと決めた時に、自分で自分に付けた名前なのです。「良」は小金井家に代々受け継がれている字。「精」は長岡藩の第9代藩主牧野忠精(ただきよ)にあやかったのでしょう。故郷長岡への想いと、学問への意気込みが感じられるような名前ですよね」







ドイツ留学、生涯の恩師との出会い

 
    ワルダイエル文庫の蔵書票  

ワルダイエル文庫の約2,000点の図書すべてに貼られている蔵書票。ドイツで撮影した写真がもとになっています。数字はワルダイエルの生没年です。

 

 大学卒業後、明治13(1880)年、医学の先進国ドイツへ留学した良精。留学先のストラスブルグ大学で、終生の師と仰ぐワルダイエルと出会います。ワルダイエルは、私たちが理科で学ぶ「染色体」を命名した有名な解剖学者です。彼のもとで熱心に学ぶ良精を見込み、ワルダイエルは良精を自分の助手に任命します。一緒にベルリン大学へ移ってからは、解剖実習の指導を任せるなど、お互いに信頼し合い、師弟関係を一層深めていきました。
大正10(1921)年にワルダイエルが亡くなると、良精は大学に働きかけ、彼の蔵書を引き取って整理し「ワルダイエル文庫」を創設しました。これらの書物は現在も東京大学医学図書館で、医学を志す学生たちに利用されています。   



次ページ → 研究にささげた生涯と家庭人としての一面

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve