新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語

文化の丁字路~西と東が出会う新潟~

  • 文字サイズ
  • 標準

新潟・文化体験リポート

  1. 新潟文化物語HOME>>
  2. 新潟・文化体験リポート>>
  3. 木とふれあう~県産材で木工体験~

 

木とふれあう~県産材で木工体験~木とふれあう~県産材で木工体験~

新潟県には県民の森が5つあり、その中の一つ、五頭県民の森(阿賀町三川地区)にある中ノ沢渓谷森林公園では、直火OKのキャンプ、ボランティアと一緒の自然観察、キットを使った木工体験が楽しめます。

キャンプ場

五頭県民の森は、裏五頭にある阿賀町三川と、表五頭の阿賀野市笹神の2カ所。裏五頭は広葉樹に天然スギが混在、表五頭ではドングリ(ナラ)の木が多く見られる。

木工体験は、公園内に拠点を持つNPO法人お山の森の木の学校(以下、お山の学校)が運営しています。代表世話人の明石浩見(あかしひろみ)さんは、秋田県出身。父親の転勤で小学校から高校まで新潟市で過ごした後、盛岡の大学で林業を学んだ森林博士です。大学卒業後は、高速回転する木材を刃物で削り出してお椀やお盆を作る「木工ろくろ」の修行に励み、木工技術を身に付けたそうです。

明石さん

「山の中で育ったので、子どもの頃は外で遊ぶのが大好きでした。高校生になると自然保護にも興味をもつようになり、大学は林学を専攻しました」(明石さん)

「木工をやっていると、『いいな!』と思う木に出会います。木工ろくろをしていたときは、『トチノキ』がそうでした。白くてきれいな木で、鉋(かんな)がかかりやすく加工しやすいのが特長です。広葉樹は硬いので苦労しますが、仕上がり面がとても美しい。初心者は、のこぎりで切りやすく、くぎも打てて作業が楽な針葉樹のスギやヒノキなどが扱いやすいのですが、プロの木工家は仕上がりや重厚感を重視します。木目の感じも広葉樹の方が、断然良いです」(明石さん)

トチノキ

高さ30メートル以上もの大木に成長するトチノキ。中ノ沢渓谷森林公園でも、その姿を見ることができる。

中ノ沢渓谷森林公園は、地域活性化のため地元の人たちによって造られました。キャンプ場では直火が許可されているので、昔ながらのキャンプが楽しめます。「以前は、小学生や幼児を持つ家族連れが多く、毎年やってきては同じ場所にテントを張り、3日くらい楽しんで帰っていきました。最近は、一人キャンプやマニアックにキャンプを楽しむ人が多いですね」(明石さん)。自然が豊かで、喧騒とも無縁。レアなキャンプ場として注目です。

直火

キャンプの醍醐味といえば、直火。「今は、手ぶらでキャンプが楽しめる時代。直火OKのキャンプ場は希少です」(明石さん)

お山の学校では、公園内の整備や自然観察の手伝いも行っています。「冬はかんじきを履いて雪の中を一緒に歩いています。動物の足跡を見つけて、喜ぶ子どももいますよ。キャンプ場は営業していませんが、除雪車が入るので散策や木工体験は一年中楽しむことができます」(明石さん)

自然観察の様子(バイオ)

自然観察では、ヘルメットを着用。「折れた枝などで、けがをしないように着用をお願いしています」(明石さん)

お山の学校では、木工体験だけでなく、製作や販売も行っています。「名刺入れや一輪挿しなど小さいものから、ダイニングテーブルのような大きいものまで作っています。贈り物に、レーザー加工機でマーキングすることもあります。色を付けてのコーティングは、木目が隠れたり、質感が損なわれたりするので、あまりしていません。最近は木の質感や色にこだわる方が多く、樹皮を残した製品に人気があります」(明石さん)。樹皮を残した白木の製品からは、高級感が伝わってきます。

製品・スノービーチ一輪挿し

スノービーチの一輪挿し。「新潟県には、新たな視点でブナ林(ぶなばやし)の価値を見出し、持続的に管理・活用していこうとするプロジェクト『スノービーチ』があり、県産ブナ材の地域ブランド化に取り組んでいます」(明石さん)

木工体験は、どんなしくみなのでしょう。「個人で参加する場合は、予約なしで体験できます。初心者向けのキットを使ったコースと、端材や木の実などさまざまな素材を駆使して作る自由工作の2通りがあり、どちらの場合もスタッフのサポートを受けながら作品を完成させ、持ち帰ることができます」(明石さん)

入口に飾られた木工体験の作品

入口に飾られた木工体験の作品には、子どもたちのアイデアがいっぱい詰まっている。

「ここは体験教室なので、てっとりばやく作れることが求められます。それでキットが生まれました。オリジナルだから県産材や国産材にこだわることも可能です。当初はキットのコースだけでしたが、体験者からの要望で自由工作も始めるようになりました。子どもは自分で思い描いたものを自由に作りたいんです」(明石さん)

自然もあるし、木工の素材も選び放題。専門家のサポートも受けられる。夏休みの自由研究をするには、もってこい。最高の場所ですね。

自由工作

野外に飾られた自由工作の作品群。ほのぼのとした表情に癒やされる。道具や素材はお山の学校が用意してくれる。

人気のキットには、どんなものがあるのでしょう。「女の子には圧倒的に、『木の家』が人気です。学校の教室をイメージして生まれたキットですが、レイアウト次第で自分の家や部屋にもなる。ドールハウスのように考える子どももいます。自由に発想してアレンジできるというのが、このキットのいいところ。男の子はロボットや車など動くものを好みますが、ロボットのキットは用意していないので、たいがいは自由工作でロボットを作っています」(明石さん)

人気キット・木の家

アレンジ次第でオリジナリティが高まる木の家は、自由研究の作品としても人気。半日でニスまで塗り完成させる。「とにかく、他の子と違うものが作りたいんだね」(明石さん)

早速、キットを使った県産材の木工体験にチャレンジしてみましょう。キットは全てお山の学校のオリジナル。私は「木のくるま」に挑戦しました。

約30種類あるキット

きかんしゃ、ドアプレート、壁飾り、キーホルダー、貯金箱、万年カレンダーなどキットは約30種類。平均1~2時間で完成だ。「ブナなどの広葉樹は硬いので衝撃に強い。おもちゃに向いています」(明石さん)

道具は用意されており、速乾性の木工用ボンド、サンドペーパー、金槌を使いました。「金槌は補助的に使い、自由工作ではこれに鋸(のこぎり)が加わります」(明石さん)

木工用ボンド、サンドペーパー、金槌

「速乾性のボンドを使うと10~15分程度で固まるので、時間を有効に使うことができます」(明石さん)

キットには、素材と一緒にサンドペーパーや作り方の説明書が入っています。初心者でも簡単に作れるように組み立て方式を採用。本体や飾りは明石さんたちが手作りしています。車輪の穴はボール盤という木工用ドリルで、トンボやウサギの小さい飾りはレーザー加工機で切り抜いて作っているそうです。

こうさくキット

右上のかわいらしいのが本体。小枝や木の実は、自由にアレンジして使用する。

「このキットは幼児から小学校低学年向きなので、けがをしないように注意を払うことが大切です。触って指が傷つかないよう、二つ折りにしたサンドペーパーで木のささくれているところを直角に当てながら削って『面取り』をします。飛び出ているのを繊維に沿って、ちょっときれいにするイメージです。余計なものを取るくらい、引っかからない程度でいいんです。手触りが良くなったらOKです」(明石さん)

面取り

キットに入っているのは、#120のサンドペーパー。粗削りと仕上げ削りの中間くらいで使用する。

「面取りが終わったら、次は車輪を取り付けます。まずは、車輪の穴に軸を入れます(写真①)。硬くて入りづらい時がありますが、サンドペーパーで側面を少し削るとすっと入ります(写真②)。それでも入らないときは、金槌で叩いて入れます(写真③)。軸と車輪が平らになるまで入れたら完成です(写真④)

車輪の取り付け

軸の太さに対して本体の穴は1ミリくらい大きくしてある。「車輪が回るようにするには、緩くしておかないとだめなんです」(明石さん)

車輪を付けた軸を本体の穴に下から通し、残りの車輪を同様に軸に差し込んで取り付けます。「緩く感じたら、木工用ボンドを軸の先にちょっと塗って調整します。つけすぎるとボンドが押し出されて、軸とくっついて車輪が回りにくくなるから、少しでいいんです。ボンドがあふれたら、ぬらした布巾やウェットティッシュで拭き取ります。ちょっとつけて金槌で叩き込む。こうするとほぼ取れません」(明石さん)

車輪の取り付け

軸の長さは、最後まで平らになるように入れるとちょうどよくなるように調整されている。

「本体が完成したら、次は色をつけていきましょう。アクリル絵の具やペンを使いますが、ペンの方が楽です。速乾性があり、乾いても水に溶けない水性顔料マーカーなら、耐水性や耐光性に優れ、色褪せしにくいのでおすすめです」(明石さん)

アクリル絵の具やペンで色つけ

気を抜くと樹皮の部分にはみ出してしまうので、真剣に。木肌を見えなくするには、何回も塗り重ねることが大切だ。

本体に付ける飾りは、木工用ボンドで取り付けます。キットには、ブナの冬芽や殻斗(かくと)、ドングリや松ぼっくりも入っていますが、全部付けるには本体が小さいようです。「飾り用のパーツは、家でも使えるように余分に入っています。端材でドアプレートを作り、貼り付けて飾りにするといいですよ」(明石さん)

飾り付け

戦車やパトカー風にする子どももいる「木のくるま」。後輪に厚みを出し、屋根の部分に三角の飾りを付けてステゴザウルス風にアレンジ。「飾り付けで個性が出ます。自分のものになるかどうか、ここで決まってきます」(明石さん)

飾り付けもほぼ終盤、そろそろ仕上げです。ブナの殻斗はエンブレムとして取り付けることにしました。明石さんにドリルで1.5ミリの穴をあけてもらい、先端にボンドをつけた殻斗を差し込みます。

ドリルを使ってエンブレムを取り付ける

自然の素材を付けるときはドリルを使うと便利。ドリルの先端は数種類。あける穴の径によって取り替えて使用する。

楽しい雰囲気のクルマにしたいから、窓も描き足しましょう。「本体のカーブに沿って描くといいですよ。窓は最初に描いた方が楽だけど、子どもはだいたい後から思いつく。これがあったらいいな、とか、あれがあったほうがいいな、とか。最初から計画して作っていく子どもはあんまりいない。自由に、思うように作っていくことが大切です」(明石さん)

完成した木のくるま

完成した木のくるま。屋根の上に載っている緑の飾りは、レーザー加工機で切り取って作った恐竜の飾り。細部まできれいに切り取られていた。

スギの木で作ったクルマはとても軽く、小さい子どもでも扱いやすいものでした。次回はブナの木で「きかんしゃ」に挑戦したいと思います。

ブナ

掲載日:2021年5月17日(月)

関連リンク

NPO法人 お山の森の木の学校
新潟県東蒲原郡阿賀町中ノ沢字幸地蔵1344番地4
中ノ沢森林科学館内
電話 0254-99-3226

こちらの記事もおすすめです。

第28回 佐渡の伝統工芸「無名異焼」体験
第27回 玉川堂工場見学と鎚起銅器の小皿制作体験
第22回 「彫り」と「塗り」の融合 “村上木彫堆朱(むらかみきぼりついしゅ)体験”

文化体験リポート一覧へ戻る

投稿はこちらから

  • イベントを投稿する
  • 地域文化データベースに投稿する
  • 投稿の仕方(PDF)
Copyright© Niigata Prefectural Government. All Rights Reserve